アレルギーストレス、風邪の悪化の延長など喘息にはさまざまな原因があるのですが、
大人になってからの原因とはいったいどのようなものでしょうか。

咳が止まらず苦しい、喘息の原因や対処法、予防法などについて調べてみました。

大人の喘息は?

2015-12-27b

喘息というと、まず最初に子どもの病気のようなイメージがするのですが、
最近では大人になってから喘息を発症する人が増えていて
約30年前と比べると実に約3倍に増えているのです。

「ちゃんと風邪薬を飲んでいるのに咳が続くと思っていたら、
実は喘息にかかっていたということもよくあるようです。

しかも、大人になってからの喘息は子どもの喘息と違って
治りにくいという特徴があります。
気になる症状が表れたら、早めに病院へ行くようにしましょう。

喘息について

喘息とは、呼吸をするたびにゼーゼー、ヒューヒューという音がしたり、
激しく咳き込んだりしている状態のことをいいます。
本人でなくともとても辛く感じる喘息の症状でどうしてこのような症状が起こるのでしょうか。

一般的に喘息といわれる病気は、正式名称で「気管支喘息」といいます。
口や鼻から肺の空気の通り道の一部である気管支が、常に炎症を起こした状態で狭くなったり、
塞がってしまうことによって起こります。
炎症が起きていると、正常な状態に比べて刺激に対してとても敏感になっているため、
ホコリやタバコなどの小さな刺激にも反応してしまうのです。

さらに、気道が狭くなっているので、激しい咳や息苦しくなる
といった発作を起こしてしまうのです。
子どもの喘息の場合、2歳前後から始まり10歳ぐらいには
自然に治まるのが一般的なのですが、大人の喘息の場合、自然に治るのは1割以下なのです。

だからこそ、早めの適切な治療が大事になってくるのです。

風邪をきっかけに喘息が起こることも?

約30年前は、大人も子どもも人口の1%前後を占めていた喘息患者ですが、
最近の調査では大人は約3倍、子どもは約6倍に増えていて
患者数は400万人を超えているといわれています。

その原因としては、住まいの環境変化によってハウスダストやダニ、
住宅建材に使われる化学物質などのアレルゲンの増加が指摘されているのですが
一方では工場からの排煙や車の排気ガスなどの大気汚染や風邪、
たばこといった、アレルギー以外の原因もあるのです。

特に子どもの喘息では9割がアレルギーが原因であるのに対して、
大人の喘息の場合は6割ほどで大人の喘息の4割は、アレルギーとは無関係で起こっているのです。
アレルギー体質の人はもちろん注意しなくてはいけないのですが、
アレルギー体質ではないからといって「喘息にはならない」とは決して言い切れないのです。

主なアレルギー

  • ダニ
  • ハウスダスト
  • 花粉
  • ペット
  • カビ

など

アレルギー以外の喘息の原因

  • 風邪
  • 大気汚染
  • ストレス
  • タバコ
  • 温度や湿度の変化
  • 解熱鎮痛剤

など

ハウスダストや花粉などが原因の喘息であれば
空気清浄機を使うことにより症状が軽減されそうですね。

大気汚染も吸収してくれるので
PM2.5の飛来が心配されている今、最も必要なものかもしれないですね。

中国のPM2.5の被害が大きい地域では、
窓をテープで密閉し、空気清浄機を何台も置いているそうです。

大人に喘息が増えている理由

大人が喘息になっている場合、子どもの頃にかかった喘息が移行したり、
大人になって再発したりすることもあるのですが、
全体の6~8割が20歳を超えてからの急な発症によるものです。

しかも、その約半数が40代以上の中高年の方です。
たとえば、風邪をひいて、咳だけがおさまらないとしても、
大人の場合は日々の仕事や家事の忙しさもあり、あまり気にかけることはないと思います。

「咳が続く」と感じるだけで、病院へは行かず市販薬を飲み続けることが多いでしょう。
また、喘息の特徴の1つとして、夜間や早朝に激しい咳き込みなどの発作がでるのに、
昼間は何の症状もでないということがあります。

昼間は大丈夫だからといってついそのままにしてしまいがちなのですが、
実はこれが大人の喘息が増えている一因なのです。
症状をそのままにし続けていると、いつのまにか喘息が悪化していた
ということもあるほか、悪化して発作によって最悪の場合死に至ることもあります。

ですから、以下のような症状があれば、早めに診察してもらうようにしましょう。

喘息の症状

  • 咳き込む
  • 息苦しい
  • 呼吸をするとゼーゼー、ヒューヒューという音が出る
  • 夜中や明け方に咳き込んだり息苦しくなって目が覚める
  • 運動した後、息苦しい
  • 安静にしていても、急に激しく咳き込む
  • 激しく咳き込むようなことがくり返す

喘息の治療法

2015-12-27c

喘息の治療ではその原因をきちんと特定し、原因を除去することが大切です。
アレルギー検査を行い、アレルゲンが特定されればそれを除去します。

たとえば、ネコがアレルゲンだと分かったら、ネコに近づかないような生活をします。
アレルゲンが特定されない場合は、発作が起こった状態をなどから
原因を推測し、できるだけその原因を遠ざけるような生活をするようにしましょう。

喘息になってしまうと、完治させることが困難なことが多いのですが、
薬によってうまくコントロールすれば発作を起こりにくくすることもできるほか、
改善してくれば薬を飲まずに経過を見るということもできです。

たばこが原因と分かっている場合は、必ず禁煙しましょう。
たばこは気道の炎症を悪化させるため、喘息には厳禁です。
本人が喫煙している場合は禁煙しましょう。
またまわりに喫煙者がいる場合は副流煙に気を付けて、なるべく避けるようにしましょう。