朝、起きた時に腰が痛い!
その原因と対処方法とはいったいどのようなものなのでしょうか?

朝、腰が痛い時は…

2015-12-30b

朝、寝起きに腰痛に悩まされている方はたくさんいると思います。
痛いけどいつもの事だから仕方がないなどと安易に考えないようにしましょう。

なぜかというと、朝起きたときに腰が痛いのには原因があるからです。
朝起きるとどうして腰が痛いのかを正しく知る必要があります。
もしかしたら、重い病気の前兆なのかもしれません。
自分の状態と比べてみて、思い当たることがあればぜひ参考にして改善なさってみてください。

朝の寝起きに腰が痛む原因とは?

朝の寝起きに起こる腰痛の原因として挙げられるのは、
寝方、腰に疲労がたまっている、使っている寝具が体に合っていない、
寝る前や前日の良くない姿勢の影響、内臓疾患の影響などさまざまなことが考えられます。

寝る姿勢が良くない
夜寝ている姿勢に問題があることによって、朝起きたときに腰痛が起こることがあります。
専門家によってはいろいろな意見があるようですが、
横を向いてひざを抱えて寝ることが腰の痛みが激しいときは良いと言われています。

また、うつぶせになって寝るのは腰に反り返る力が加わるため
腰痛の原因になりやすいと言われています。
朝、腰痛が起こる場合には寝方に少し注意を払ってみましょう。

低反発マットを使っている
低反発のマットやクッションは包み込んでくれるような座り心地で
大変人気ですが、腰痛の方にとっては、その沈み込みが腰に負担をかけてしまいます。

背中や腰がまっすぐに保たれたまま睡眠できる
高反発マットがオススメです。

腰に疲れがたまりすぎている
仕事や運動を激しくしすぎていると、腰に疲れがたまりすぎてしまい
朝に腰痛が起こりやすい原因になります。
座り方の癖も原因になります。
この疲れがピークに達すると、ぎっくり腰などの症状が表れるのです。

また、椎間板ヘルニアやヘルニアになる寸前だったり、
坐骨神経痛の場合もこのような症状が表れると言われています。

寝る前や前の日の姿勢が悪かった
日が暮れるまで庭の手入れをしたり家の中をすみずみまで掃除した
などの理由で朝起きた時に腰が痛むことがあります。
腰のためにも、無理をしないようにしましょう。

内臓に異常がある
朝起きたときだけ腰が痛み、しばらくするとなんともなくなっている
という場合は腰以外に理由があるのかもしれません。
この場合は、体のゆがみが原因で内臓の位置が変わってしまい、
圧迫されたり、引っ張られたりしているのかもしれません。

朝だけ腰痛になるということに心当たりがおありでしたら早めに病院へ行きましょう。

朝の寝起きに腰が痛いときの対処方法

2015-12-30c

朝の起きた時に腰が痛いと、1日の準備をしなくてはいけないのにとても辛いものです。
なので、朝に腰が痛くても準備をするのに役立つ対処方法をご紹介します。

簡単な足置き台を用意する
朝起きたときに腰が痛い場合、洗面所で顔を洗ったり、
台所で家事を行ったりするのが辛いと思います。
その時に高さが30センチぐらいの足置き台があると、とても便利です。

前かがみの姿勢になる時に片足を台の上に置くようにすると、
腰痛に伴う痛みがかなり緩和されるはずです。
足置き台はどんなものでもかまいませんが、腰痛対策のための足置き台なども販売されているので、
購入を考えてみるのもいいかもしれません。

高いところにカバンなどをにかけておく
朝、腰が痛いのにカバンを床から持ち上げるのは辛いものです。

ですから、朝の準備を楽にできるようにするため、
腰を曲げなくても良い位置にカバンなどをかけておくと良いと思います。
壁の少し高めの位置にカバンを掛けるフックを付けてみたり、
鞄をかけるためのハンガーを購入してみるのもいいでしょう。
ちょっとしたアイデア次第で腰に痛みがあっても朝の準備をスムーズに行なうことができます。

前かがみの姿勢にならないようにする
靴を履いたりする時に前かがみの姿勢になり、腰に痛みを感じたことがあると思います。
この腰の痛みを軽くする方法としては、長めの靴べらを使うことをおススメします。

また、靴を履くときにカバンや上着を置いておく高めの台なども用意しておくと、
朝出かけるときに腰痛に悩まされる機会を少しでも減らすことができると思います。

このように、朝寝起きの時に起こる腰の痛みにはさまざまな原因が考えられます。
あまりにも長い間症状が改善されない場合は、病院へ行って医師にみてもらいましょう。

また、腰痛と長く付き合っていかないといけないのであれば、
少しでも痛みが軽くなるよういろいろな工夫をしてみましょう。