ウリ科スイカ属、学名「キトルルス・ラナツス」
立派な名前ですが、これが毎年夏になると真っ先に頭に浮かぶ果物、西瓜(スイカ)のことです。

厳密には果物ではなく野菜に属するそうですが、
何気なく食べているあの甘いスイカにも実は健康や美容にとてもいい効能が沢山あります。
今回はそんなスイカの効能についてまとめました。

スイカの歴史

スイカは古く昔から世界中で人々から愛されている果物なのです。
スイカの原産地は、南アフリカ。
ここで紀元前5000年頃から栽培がはじまり、エジプト、ギリシャへと広まったとされています。

その証拠として、なんと紀元前4000年代の古代エジプトの壁画にもスイカが描かれているのです。
日本へ来たのも古く、平安時代には栽培がはじまり、
江戸時代に「赤色の果肉が気持ち悪い」という理由から一時衰退したものの
現在に至るまでずっと愛され続けている果物なのです。

ただし、古代エジプトや平安時代のスイカは、今の形ではありませんでした。
形もさまざまでしたが、何といっても今のものように緑色に黒い縞が入っているものではなく、
真っ黒だったというのだから驚きです。

江戸時代の人が気持ち悪く感じたのも納得できます。
現在の姿カタチが定着したのは、明治に入って品種改良が進められてからということですから
ほんのつい最近のことといえるかもしれないです。

果物の効果についてはこちらの記事もご参考に!

スイカの栄養素と効能

リコピン
リコピンといえば、まず初めに思い浮かぶのはトマトです。
トマトの赤色はリコピンの色素によるものですが、実はスイカの赤色もリコピン成分なんです。
リコピンは抗酸化作用がとても強く、その作用はベータカロテンの2倍以上、
ビタミンEの100倍以上だと言われています。

ですが、リコピンは熱を加えると栄養を体内で吸収しやすくなるので、
加熱して食べることが皆無なスイカの場合少しもったいないです。

カリウム
カリウムには高血圧をはじめ、無気力になったり、夏バテや不整脈、心不全を防ぐ効果があります。
(※腎機能が低下してる時の過剰摂取は高カリウム血症になる恐れがあるので気を付けてください)

シトルリン
スイカから発見された、最近大注目されているアミノ酸の一種です。
血行が良くなるため、筋肉増強、冷え性改善、疲労軽減、抗酸化作用、
細胞の老化抑制、むくみ防止……その他、いろいろな効果があるといわれてます。

美容関係やファイト一発系効果が目立ちます。また、男性にはとても嬉しい精力増強作用もあるそうです。

ちなみに、このシトルリンはスイカやメロン以外にはほとんど含まれてないそうです。
スイカもメロンもまさに夏が旬の食材ですから、夏の暑い時期には積極的に食べたいです。
その他にも、ダイエットの味方となる糖質分解酵素の「マンノシターゼ」や、
美肌美白サプリでおなじみの「システイン」も含まれています。
健康面だけでなく、強い日差しで焼けてしまった肌のケアにも効果が有りそうです。

スイカは、まさに夏ならではのありがたい食べ物です。

シスペイン
シスペインという成分はビタミンCが酸化、そして壊れてしまうのを防ぐ働きがあります。
シミやソバカスに効果があり、女性にはうれしい栄養素です。

イノシトール
ビタミンB群の1つであるイノシトールは、動脈の硬化を防ぐ他に、
別名甲脂肪肝ビタミンと呼ばれることもあり、肝臓に脂肪がつくのを防ぐ働きもあります。

マンノシターゼ
今現在ダイエットで注目されている成分で、糖質分解酵素の一種です。

スイカの種と盲腸

2016-01-25c-2

夏といえば、スイカ。子供の時、スイカを食べていると「種を飲み込むと盲腸になるよ」
といわれたことはありませんか。
これは親が子供に種は出す物だと教えるために始まったことだと思います。

盲腸とは、虫垂の粘膜リンパ組織が大きくなることにより、狭くなった虫垂に老廃物や回虫が挟まれて、
細菌感染によって炎症を起こして腹痛を引き起こすことが原因です。
日本人には、種を食べたり飲み込んだりする人は少ないようですが、
アメリカ人やヨーロッパ人は種も丸飲みするのが一般的らしいです。

もし種で盲腸になるのだとしたら、欧米では多くの人が盲腸になっているでしょう。
種は食べれば消化はされず、そのまま便となって出るのみです。
くだいたりすりつぶせば、中の胚が血圧を下げたり、膀胱炎をおさえたりという作用があるといわれています。

長々と書きましたが、スイカの種は、盲腸の原因にはなりません。
盲腸は、虫垂が何らかの影響によって炎症を起こすことで発症し、
虫垂に食べ物が入り込むことで引き起こされる場合もあります。

ただ、虫垂の入口は1㎜~2㎜ととても細く、スイカの種が入り込むことはできません。
手術によって切除した虫垂の中から、種の形をした老廃物のかたまりが発見されることがあり
そのことから言われるようになったとも思われます。

また、盲腸は夏の終わりぐらいに多くなる傾向にあるため、そのことも影響しているのだと思います。