精神安定剤ピルという薬の存在、
一度は耳にされたことのある方が多いと思います。

特にピルは、避妊や生理に関する症状の治療に使われ、
女性の強い味方の薬として有名ですよね。

有り難い効果をもたらしてくれる薬ですが・・・
副作用で、食欲減退を招く恐れもあるんですよ。

薬の副作用や対処法についてまとめてみましたので、
きちんと学んで、薬を正しく生活に取り入れてください。

精神安定剤やピルで食欲減退になる?

2016-12-04b

薬の副作用食欲減退で悩む方達のお声。


ピルと精神安定剤は、
利点の多い優れた薬であるのは間違いないのですが、
副作用もつきものなんです。

主にホルモンに働きかけるピルと、神経系に働きかける精神安定剤。

ホルモンも神経系も、
食欲との繋がりの深い部分なので、
薬によってバランスが崩れると、食欲減退を招く場合もあるんです。

ピルの副作用とメカニズム

成人女性の体の中で作用する、ホルモン。

ホルモンの中でも、卵胞ホルモン黄体ホルモンは、
性周期を作る元となる重要なホルモンです。

これらのホルモンの量や変動具合は、
個人差も大きいものですが、
ピルの服用中は、本来の自然のホルモン環境と比べてみると
大きな周期的変化がなくなります。

この、ピルによって作り出されるホルモン環境に対し、
体が違和感を感じると、それが副作用となり現れるのです。

副作用についてはこちらの動画でも詳しく説明してくれていますよ(*^^*)

精神安定剤と食欲減退

食欲と心の状態には、深い繋がりがあると言われています。
そのため、精神安定剤はダイエットのために使用したり、
逆に、食欲を増進させたくて求められる方も多いようです。

ストレスで食欲がなくなったり、
逆に食べ過ぎてしまったり・・・
なんてことは、よくあるお話ですよね。

過食症拒食症等、
食欲を伴う病気の治療にも用いられている精神安定剤は、
神経に働きかけ、ストレスを緩和させることによって
これらの症状を抑えることができるのですが、
使用量等を誤ってしまった場合、神経系の暴走を引き起こし、
食欲減退や、逆に食欲増進してしまうこともあります。

対処方法

食欲のない時に無理やり食べると、
消化するのにエネルギーがとてもかかってしまうので、
お腹が空いてくるまで、無理に食べないようにしましょう。

長期間、食欲減退が続くようでしたら、
おかゆや豆腐、ササミ、バナナ、じゃいがいも等、
胃に優しい食品を少しずつ摂取するようにしてください。

そして、食欲のない時は特に、
ゆっくりとよく噛んで食事するように心がけましょう。
唾液に含まれる消化酵素、アミラーゼはよく噛むことによって、
食べ物の消化を助長する効果を発揮します。

お菓子やジャンクフードは、
症状を悪化させる恐れがありますし、胃の負担も大きいので、
食欲ないけど、ちょっとつまんでみる・・・
なんてことのないよう、お気をつけてくださいね。

改善する食事

食欲減退を改善するためのオススメの食事は、カレーです!

カレーなら、食欲のない時でも不思議と食べられちゃう。
なんて方が多いのではないでしょうか?

カレーに用いられる、ターメリック、クミン、
ナツメグ、チリ等のスパイス類は、
漢方薬でも使われている生薬なんです。

スパイスによって、体を温める他、
胃の働きを活性化させ、食欲を増進させる効果もあるので、
食欲減退の改善には、カレーはピッタリなんですよ!


調子が悪いのにグツグツ煮込んでられないですから
レトルトを常備しておいてもいいですよね(*^^*)

ただし、辛さのレベルにだけはご注意ください。
あまり辛すぎると、胃の粘膜を刺激し、胃炎の元となる場合も。
ほどほどの辛さのカレーを選びましょう。

まとめ

Happy woman eating some fruit

ピル精神安定剤の副作用について、
ご理解いただけましたか?

ホルモンと神経が、食欲にも働きかけるなんて驚きですよね。
食欲減退の症状は辛いものですが、胃に優しい食べ物や、
食欲を増進させてくれる効果のあるカレーを食べてみたりなどして、
対処してみてくださいね。

副作用のこともきちんと頭に入れて、
薬を正しく服用し、あなたの健康のために役立ててください。