ニキビにもいろいろな症状がありますが、
今回は白ニキビについて調べてみました。

良い香りでリラックス効果のあるアロマですが
香りだけでなく、白ニキビにも効果があるということなのですが、
それについても調べてみました。

白ニキビの原因

2015-12-09b

大人になると白ニキビができやすいのはなぜかというと、
肌の新陳代謝が悪くなってしまうことが原因だと言われています。
若いうちは何もしなくても肌の新陳代謝が良いので毛穴に汚れも詰まりにくく、
キレイな肌を保つことができるのですが大人になってくると、
新陳代謝が悪くなってしまいどうしても毛穴に汚れや皮脂が詰まりやすくなってしまうのです。

そして、毛穴に詰まってしまった汚れや皮脂が大人の白ニキビとなって肌に出てくるのです。
また、大人になると肌の代謝が悪くなってしまう原因として
ストレスや睡眠不足などが考えられます。

このようなストレスや睡眠不足は、肌の新陳代謝が悪くなってしまう
最も大きな原因だと言われていてなるべく規則正しい生活を送るようにし、
ストレスを溜めないようきちんと発散するようにしたいものです。

大人の白ニキビに悩まされていたとしても、いつまでも治らないというわけではなく、
ちゃんとした生活習慣を身に付け、正しいスキンケアをすれば白ニキビはできなくなります。

白ニキビについては、こちらの記事もご参考に♪

白ニキビにはアロマは効く!?

ニキビ肌の人は、不規則な生活やストレスなどが原因で、ニキビは急にできてしまうものです。
ニキビ対策としては、ニキビができる前に生活習慣を見直すなどして
予防することが大切なのですが仕事やプライベート、家事など忙しい中で
知らないうちにニキビができてしまったら、アロマを使ったニキビケアをしてみましょう。

皮膚科で処方される抗生物質やステロイド剤を使う前に、
ぜひ1度試していただきたい方法なのです。

アロマと聞くと、香りを楽しむだけと思っている人も多いと思いますが
実際のところアロマオイルには香り以外にも、鎮痛作用や強壮作用、
殺菌作用など1つ1つのオイルには驚くような効果があるのです。

ですが、使い方が難しいのではと思っているそんな人に、おススメの
アロマを一滴つけるだけでできるケア方法もあるのです。

エッセンシャルオイルは、植物の油胞から抽出されるオイルで濃縮されているオイルなので、
皮膚には刺激が強すぎるため基本的には直接塗ってはいけないのです。

しかし、エッセンシャルオイルの中には直接塗ることができるぐらい肌に優しく、
さらに殺菌消毒剤として使えるほどの効果を持つオイルがあるのです。
それが、ラベンダー、ティートリー、フランキンセンスの3種類です。

この中でニキビケアに最も効果的なのは、ティートリーとラベンダーで、
どちらも強い殺菌作用があり、ニキビのアクネ菌に対して効果があるのです。

ティートリーは、中医学的にも免疫力を高める効果もあり、
空気の乾燥が強まるこれからの季節、風邪の感染予防としても使えるオイルなのです。

ラベンダーは、鎮静効果があるので、リラックスするためには効果抜群なのです。
イライラして落ち着かないときや脳が興奮してなかなか寝れないときなどにも
気持ちをほぐしてリラックスさせてくれるので、深く眠ることができるのです。

現代人のニキビにオススメなのが、東方の三賢人がキリストの誕生のときに
プレゼントしたといわれている「フランキンセンス」です。

乳香とも呼ばれるこのオイルは、その当時とても貴重なものだったようです。
近年では、シミやしわに効果的だといわれており、注目されているエッセンシャルオイルなのです。

漢方の生薬としても使われており、ドロドロの血液をサラサラにしてくれる作用があるため
脳梗塞や心筋梗塞の予防にも使われているぐらいです。

ニキビケアとしては、ニキビが治った後の凸凹肌やニキビ跡のシミに対しても
細胞賦活作用が期待できるのです。
華やかでありながら落ち着いたウッディー系の香りなので、
ブレンドしてもとても使いやすく気分的にふわふわ、
そわそわした気持ちを落ち着けるためにおススメです。

アロマの使い方としては、できてしまったニキビへ綿棒に1滴たらして患部に塗るだけです。
また、洗顔料に1滴垂らしてよく顔を洗うことです。

ニキビができやすい人は、普段からの予防として化粧水やクリーム50mlに対して
1滴垂らしてよく混ぜて使うと良いでしょう。
アロマは、とにかく1滴だけで効果抜群のニキビケアなのです。
できてしまったニキビにも効果があり、さらに何よりも自然のアロマの力で
自然治癒力がアップするのでニキビができにくくなるのです。