夏場は大量に汗をかき、気温に湿度も高く、
頭皮のベタつき、かゆみ等の頭皮トラブルが増えます。

ですが、夏から秋へ、秋から冬へかけての季節の変わり目に、
頭皮のかゆみやフケに悩まされている人が意外に多いのです。
これはいったいどうしてなのでしょうか。

かゆみとフケは、季節の変わり目の頭皮トラブル!?

2015-12-26c-2

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは、頭部や顔にフケのような物を伴う湿疹であり、
皮脂中に含まれるトリグリセリドが、真菌によって分解されて遊離脂肪酸が生じ、
それが皮膚を刺激して接触性皮膚炎を生じることが原因だと考えられています。

頭皮が赤くなり、かゆみが強く、頭皮にかさぶたやベタベタとしたフケが出るのが特徴です。
脂漏性皮膚炎は、頭皮だけの症状ではなく、皮脂分泌の多いところであれば、
耳の後ろや鼻の脇、脇等にも起こります。

頭皮の乾燥

春と夏はかゆくないという方は、頭皮の乾燥が原因かもしれません。
秋から冬にかけて少しずつ空気が乾燥してきます。
夏の紫外線やエアコンによる乾燥ダメージをうけたまま、
空気が乾燥する秋になると、さらに頭皮の乾燥が進んでしまいます。

季節の変わり目による自律神経の乱れ

春もそうですが、秋は気候が大きく変わります。
この時期の急な温度の変化などに自律神経がついていけないため、
風邪を引いたり胃腸の調子が悪くなったりして体調を崩してしまう方も多いと思います。

そして、抵抗力が弱っているときに脂漏性皮膚炎を発症したり、
乾燥によって頭皮のかゆみやフケが出てしまうというパターンが多いのだと思います。

日常生活でできる頭皮のかゆみの予防法

頭皮の汚れをきちんと洗い流す

1回のシャンプーでは髪の汚れは落とせても、
頭皮の汚れが残っている場合があります。
シャンプーは2回に分けてするようにして、2回目は指の腹で頭皮を優しく揉むように洗い、
すすぎ残しがないようにちゃんと洗い流しましょう。

また、脂性や乾燥肌など、頭皮のタイプに合わせたシャンプーを選んで使うことも大事です。

頭皮の乾燥ケアをする

頭皮が乾燥しやすいという人は、
頭皮・頭髪用のツバキ油や乾燥肌のヘアケア剤などで頭皮を潤してあげるようにしましょう。

このときに、生え際から頭頂部に向けて指の腹で頭皮を軽くたたいたり、
円を描くようにもみほぐしてマッサージすると、
頭皮の血行が良くなって効果が増します。

頭皮はとてもデリケートなので、爪を立てたり力を入れすぎないように気をつけましょう。

赤ちゃんの頭はこまめに拭く

赤ちゃんは大人に比べて汗をとても多くかきます。
外に出かけるときに帽子をずっと かぶったままにしていると、
蒸れてあせもができてしまうことがよくあります。

外出先では濡れタオルなどを用意しておいて、こまめに頭を拭いてあげるようにしましょう。
また家に帰ってきた後やお昼寝の後、夏場など汗をかいたときはシャワーでさっと洗い流してあげましょう。

日常生活でできる頭皮のかゆみの対処法

かきむしって悪化しないように気をつける

かゆみと一緒にフケが出ているときは、かいてしまうと
フケがさらに悪化してしまうので、かかないようにしましょう。

かゆみを我慢するには、家であれば冷水にひたした濡れタオルなどを
頭に当てて頭皮を冷やすとかゆみがやわらぐのでおススメです。
フケ用のシャンプーや薬用シャンプーを使うのも一つの方法です。

また、炎症が起きているときにかきむしってしまうと、
そこに細菌が感染して化膿する恐れがあるので要注意です。

市販の薬を使う

頭皮がかゆく、かぶれているようなときは
市販のかゆみ止めが効果抜群です。
しかし 、軟膏では頭皮まで届きにくいので、液体タイプのものを選ぶようにしましょう。
炎症を起こしているようなときは、薬で悪化することもあるので、
薬剤師さんなどに相談ししましょう。

病院で診察を受ける

頭皮のかゆみが長い間続いて、
炎症や化膿しているようなときやちゃんと頭皮を洗っているにもかかわらず
フケが出るようなときは、皮膚科に行って治療を受けることをおススメします。

補足 フケっていったい何? なんで出るの?

2015-12-26b-2

フケというのは、実は頭皮のアカのようなものです。
表皮の角質層が古くなって剥がれ落ちたもので、通常であれば目に見えないほど小さいのです。

しかし、皮脂が頭皮に溜まることなどが原因で角質の剥がれる量が増えると、
目に見えるぐらいの大きさになってしまうのです。
このように、皮脂が原因であるフケは頭皮をきちんと洗うことで防ぐことができます。
もしそれでも治らないフケは脂漏性皮膚炎の可能性があるので、皮膚科で診察してもらいましょう。