RSウイルス感染してしまい、子供が中耳炎になった場合はいったいどうすればいいのでしょうか。

子供のうちに100%感染すると言われているウイルスですが
感染拡大しないための予防法はないのでしょうか?
対処法についても考えていきましょう。

RSウイルスとは?

2015-12-16b

RSウイルスは、冬から春にかけて流行し、
RはRespiratoryの略で「呼吸の」という意味からもわかるように呼吸器系に感染するウイルスなのです。

RSウイルスの感染力はとても強く、2歳ぐらいまでにほぼ100%の子どもが感染します。
1度感染しても免疫が十分にはできないので、くり返し何度か感染していくうちに
少しずつ免疫ができ、症状は軽くなっていきます。

感染経路としては、飛沫感染と接触感染の2つがあります。
飛沫感染では、感染した人の咳やくしゃみで飛散したウイルスを直接吸い込むことによって感染し、
鼻や咽頭の粘膜で増えます。
接触感染の場合も多く、鼻水や痰に含まれるRSウイルスが皮膚や
衣服、玩具、またそれに触れた手指についても、4~7時間の間は感染する恐れがあり
それが眼瞼や鼻咽頭の粘膜と接触することでうつってしまい感染します。

潜伏期間は2~8日で、症状が出る前でも感染することがあり、
症状がおさまってからも1~3週間は感染する力があるので注意しましょう。

RSウイルス感染症の症状

RSウイルス感染症では、鼻水、咳、発熱などの風邪にような症状があり、
多くの場合1~2週間で治ります。
しかしながら、生後1年以内、特に生後6ヶ月以内の乳児や未熟児、
循環器系の疾患を有する幼児では重症化しやすく、呼吸機能の弱い老人や慢性肺疾患患者、
免疫不全患者においても 重症化しやすいので要注意です。

生後2歳ぐらいまでにほとんどの乳幼児が感染するですが、初めてかかった乳幼児の場合は
鼻水から始まり、その後38~39度の発熱と咳が続きます。
その中の25~40%の乳幼児が細気管支炎や気管支炎、肺炎を引き起こしてしまいます。
再感染した幼児の場合は、細気管支炎や肺炎などは減り、上気道炎が増えてきて
一般的に症状は軽くなるようです。 また、合併症として、中耳炎を併発することもあります。

RSウイルスについてはこちらの記事をご参考に♪

急性細気管支炎

細気管支炎による喘鳴が特徴的で、喘鳴を伴う呼吸困難の症状(ゼーゼー、ヒューヒュー)が出ます。
チアノーゼ(唇が黒っぽい、顔色がわるい)、呼吸数(通常1分間に40回程度、
60回近くなると要注意)には気を付けましょう。
呼吸状態から喘息と間違われることがあります。

RS感染症の治療方法

RSウイルスに対して、抗生物質は効果がないのです。
二次感染や中耳炎の可能性があるときは抗生物質を使うことがあります。
多くの場合は症状を抑える対症療法が基本となり、風邪と同じく、
水分補給や睡眠、栄養、保温をきちんとして安静にして経過をみることが大切なのです。

脱水症状があり飲めない、呼吸困難が強い、 二次感染が重篤な場合には、入院する必要があります。

RSウイルスの予防と注意

2015-12-16c

RSウイルスに対して、赤ちゃんはお母さんのおなかの中にいるときにもらった免疫では
感染を防ぐことはできないのです生後3~6ヶ月ぐらいの乳幼児は免疫力が弱く
重症化しやすいので、この時期にうつらないように気を付けないといけません。

予防方法としては、感染者との接触や感染者から飛散した分泌物が付着した
おもちゃなどによって感染することがあるので手を洗ったり、
おもちゃなど赤ちゃんが口に入れるものは清潔にしておくようにしましょう。

RSウイルスが流行する時期に生後6ヶ月未満の乳幼児を連れて外出する場合、
人ごみを避けるやまわりの人が感染源にならないように気を付けましょう。

また、手洗いの励行による接触予防やマスクの着用による飛沫防止も効果的です。

RSウイルスは、消毒薬に弱いので、次亜塩素酸ナトリウム(ミルトンなど)や 消毒用アルコール、
ポピドンヨード(イソジンなど)も予防には効果抜群です。

最後になりますが、生まれて間もない赤ちゃんで風邪と診断されても、
機嫌が悪い、元気がない、おっぱいやミルクの飲み方が悪い、熱が高い、
せきがひどいときはもう1度診察を受けましょう。

せきがひどく、呼吸の状態がおかしい時はすぐに病院へいくようにしましょう。
せきが出て眠れなかったり、おっぱいやミルクが飲めないということもあるので
こまめに飲ませてあげるようにして、湿度に気をつけたり、楽な体性などの工夫をしてあげることも大事です。