夏になると、各地で最高記録を更新したり、
最近などは猛暑ではなく酷暑なんて言われたりしますよね。

そんな時に私達の体を冷やしてくれるのがクーラーですね。
ですがクーラーの使いすぎでなってしまう病気が冷房病です。

冷房病にかかることで体にどんな影響があるのでしょうか?
実は高血圧の人は要注意なんです!

今日は冷房病によって起こる血圧についての対策などをお話します!

冷房病って?

2016-11-30b

冷房病とは正式な病名ではなく、
エアコンやクーラーを使用している場所に
長時間、かつ習慣的に居ることで起こる
自律神経の乱れてしまう状態のことを指します。

エアコンが効いた涼しい室内と、
真夏の炎天下を何度も行き来することで
発汗や自律神経のコントロールが上手く働かずに、
バランスを崩してしまうことを言います。

冷房病になってしまうと、体温が中々上昇せず、
汗をかきにくくなってしまい様々な症状が現れます。

頭痛・吐き気・疲労感、倦怠感・食欲不振・腰痛
など、たくさんの症状が見られ、
その症状の多くは冷え性の症状によく似ています。


慢性的になると頭痛や吐き気が酷くなってしまい、
真冬よりも手足の先が冷たくなったり逆に上手く発汗できず、
暑くてたまらないといったことがあるそうです。

自律神経が乱れてしまうことで体が混乱ししてしまうのですね。

クーラー病はこちらに記事で詳しく説明しています。

高血圧の人は冷房病に注意しないといけないの!?

夏は比較的、血圧が一定に定まりやすいと言われていました。

しかし、最近は冷房器具の普及で、
室内と屋外の温度差が大きくなり
冬と同じように血管が収縮し
血圧が高くなり発汗が上手にできないため、
体内の水分が不足し血栓もできやすくなります。

高血圧の症状がある方は、
冷房のある部屋に行く時には出来る限り
温度差が少ないように配慮する必要があります。

冷房病の対策とは?

基本的には冷房病にならない、
もしくは、血圧を上げないようにするどのような対策をすればよいのでしょうか?

1番の原因の、温度差
自宅にいると調節できますが、外出していると難しいですよね。
そういった時にはカーディガンスカーフ
体を冷えから守ることで差を減らしてあげることが大切です。

次にカリウムは汗をかく時に排出されるナトリウムと一緒に排出されます。

そのため、カリウムが減少してしまうと
心筋梗塞といった発作を起こしやすくなります。
夏場で汗をかくことは仕方ないことですが、
排出された分は食事で補給してあげましょう。


食事から補うことが難しい場合は
サプリメントを活用させましょう。

温泉や岩盤浴は効果があるの?

自律神経の乱れによる、発汗作用の減少は
暑いのに汗をかくことが出来ず、
体が火照ってしまいほてった体を冷やすために、
また冷房を使ってしまうといった悪循環に陥ってしまいます。

そのため、その悪循環を断ち切るためには、
一度体を暖めて発汗作用を回復させてあげることが必要となります。

温泉や岩盤浴は、体を芯から温めてくれますので、
リンパの流れや血流も良くなります。

流れが良くなると、発汗作用が回復してき、
冷房を使いすぎずとも体を自ら冷やしてくれるので
冷房病には効果がとてもあります。

もし、夏場に冷房病の症状を感じたら、
温泉岩盤浴にいって体を温めリセットしてあげると良いですね。

ほかにも冷房病の対策にはこういった方法もあります。

まとめ

2016-11-30c

今はオフィスやスーパーだけでなく、
電車やバスといった所も常に冷房をつけていて快適ですよね。

もちろん、冷房が全ていけないということではありません。
冷房があると熱中症の予防になりますし、
無理に我慢することはかえって体調を崩してしまう原因となります。

しかし、ずっと冷房を使っていると冷房病のように
体のバランスが崩れるリスクも有ることを知っておく必要があります。

冷房と自分の体と上手に付き合って、健康で快適に夏を過ごしましょう!