ナッツはカロリーが高いので、食べ過ぎると太ってしまったり肌が荒れたりしないか心配ですよね。
しかも、一粒食べると止まらなくなりナッツ中毒になってしまう人も少なくないと思います。
食べ方次第で若返りの効果を得ることができるのです。

今回は効果的なナッツの食べ方を紹介します。
これであなたも若々しい自分を取り戻すことができるかもしれません。

ナッツの種類や違いは?

ナッツといっても種類はたくさんありますよね。
効果も、それぞれ変わってきます。

アーモンド

アルギニンというアミノ酸が豊富に含まれています。
成長ホルモンの分泌を促し、肌を活性化します。

カシューナッツ

タンパク質、糖質、ビタミンB1、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル分も多く含みます。
食物繊維も豊富なので整腸効果があり、デトックスに最適です。

くるみ

α-リノレン酸や植物性たんぱく質、食物繊維が豊富でダイエットに効果的。
栄養価も高く、高カロリーなのに糖質が低いため
ダイエットで食事制限をしても効率的に栄養を摂ることができます。

ピスタチオ

女性ホルモンを良好に保つビタミンB6が含まれるためバストアップ効果あり。
カリウムも豊富なので、むくみも解消されます。

マカダミアナッツ

パルミトオレイン酸が大量に含まれているため、コレステロール抑制効果、
糖尿病予防にも効果的。抗酸化作用も高く、アンチエイジングの効果もあり。

そら豆

美肌効果、造血効果、貧血予防、アンチエイジング効果がある。
ビタミン群が豊富に含まれ、栄養バランスも良いです。

他にも種類はたくさんありますが、基本的にナッツは体にいいことがわかりますね。

アーモンドが美容や健康に効果絶大!

アーモンドはデトックス効果から若返りまで、素晴らしい効果があります。
ビタミンEは活性酸素による細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用があります。
この作用により、老化のスピードが抑えられ、ガンや生活習慣病の予防効果があります。

そのビタミンEがアーモンドには、100gあたり31.0㎎含まれています。
ピーナッツは10.1㎎なのでアーモンドはかなり多く含まれているということですよね。
他にも、ビタミンEは新陳代謝を高め、シミ・ソバカスとなるメラニン色素の定着を防いでくれるのです。
そして、アーモンドの脂質の約70%がオレイン酸でできています。オレイン酸は不飽和脂肪酸です。
通常の油と違って体内で酸化しにくく、善玉コレステロールを維持したまま、
悪玉コレステロールだけを抑制する効果があります。

ミネラルが豊富だけど飲みにくい硬水のミネラルウォーターと同じくらいミネラルバランスが良いこともわかっています。

ナッツの効果的な食べ方

それぞれのナッツに含まれる栄養素の中でも大きな違いがあるのはミネラル分です。
種類によって特色が違いますので好みのナッツを食べるものも良いですが毎日種類を変えると、
よりバランス良く栄養素を摂ることができます。

油で揚げたものや塩分が添加してあるものは避けて素揚げや無塩のものを選びましょう。
タイミングは抗酸化作用に最も適している食前30分から食後1時間半の間が良いでしょう。
食べ過ぎは良くないので目安として・アーモンド…25粒・ピスタチオ…43粒・くるみ、
カシューナッツ、ヘーゼルナッツ…それぞれ25g程度量が多い場合は間食に食べたり、小分けにしてみましょう。

アンチエイジングにはタンパク質とビタミンEが必要なので、
ビタミンEがたくさん含まれているナッツとタンパク質の吸収を良くする牛乳、
カルシウムの吸収率が高い小魚を一緒に食べると効果的です。

まとめ

2016-02-10c-2

食べ過ぎは良くないですが、適量であれば栄養も豊富に摂取でき、若返りやダイエットにも効果的。
生活習慣病の予防にもなり、老化のスピードも抑えていつまでも元気でいられるのです。
カロリーが高いのに糖質が低いなんて不思議な食べ物ですね。

ナッツは一粒食べると止まらなくなってしまうことがあるので満腹だと体が感じるように、よく噛んでくださいね。
明日からあなたも正しくナッツを食べて若々しい自分を手に入れてください。