女性はホルモンのバランスが変化しやすく、自律神経も安定しにくい傾向にあり、
生理・妊娠といった要因でも寝汗をかきやすくなります。

このほかの理由でも病気の前兆として寝汗をかくため、たかが寝汗と思ってそのままにせず、
男性よりもきちんと寝汗の原因を追及したほうが良いでしょう。

生理と寝汗

2016-01-09b-2

生理と寝汗にはとても深い関係があります。
女性の場合、生理前は普段いつもよりも体温が高くなります。
生理が近づくにつれて、黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンの分泌量が増えてきます。

これは高温期と呼ばれるもので女性ならば誰にでも起こるごく普通のことです。
このように体温が高くなることが原因で寝汗の量も増えるというわけです。
そして、生理が終わると体温が下がります。これは低温期と呼ばれるもので
卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンが優位な状態になることによって起こる現象です。

体温が下がるわけですから、当然ながら寝汗の量も減り、精神的にも過ごしやすい時期だといえます。
また女性の場合は、生理によるアンバランスなホルモン状態などによって
自律神経の働きが乱れてしまうことが多くあります。

人は強いストレスを受けたりすることで自律神経のバランスが乱れてしまいます。
女性はそのような現象が生理によって起こるのです。
とても不快な症状ですが、生理が始まるとともに治まってきますので
できるだけリラックスすることを意識しながら生活しましょう。

妊娠と寝汗

女性の妊娠と寝汗は全く不思議なものではないのです。
まず、妊娠の初期症状として微熱が出てきます。
ですから、妊娠初期には自然と寝汗をかきやすくなるのです。

その理由は妊娠すると体の中の分泌に変化が起こり、
プロゲステロンという物質がいつもより多く発生します。
すると体温が高くなり、寝汗もかきやすくなるのです。
妊娠と寝汗は体内のホルモンバランスや内分泌が変化しますから、
体温も上がって、微熱のような状態が続きます。

ようするに、体の内部を暖め、赤ちゃんが育ちやすい環境を作るのです。
赤ちゃんにとって、いい環境ができあがるまで、微熱は続くみたいです。
妊娠と寝汗は切っても切れないとても親密な関係がこのようにあるのです。

ですから、微熱が続いて、生理が止まったら、妊娠したという可能性が高くなります。
また、子宮の中にいる赤ちゃんが体温を持ち始めると、やはりお母さんの体温も上がります。
すると、寝汗をかくようになるのです。

これは病的なものではなく、妊娠というメカニズムが自然にそうさせているのです。
ですから妊娠の兆候が現れたら、産婦人科に行き、診察を受けてみるのもいいかもしれません。
妊娠と寝汗について心配になるようでしたら、パジャマも吸水性と発汗性がいいものを選んで、
少しでも寝汗をかかないよう楽になる工夫をしてみてください。

妊娠中の冷えはお母さんにも赤ちゃんにとっても大敵です。
少し辛抱しないといけないかもしれませんが、可愛くて元気いっぱいの赤ちゃんを産むためにも
ぜひ頑張っていただきたいものです。

女性の場合は、下半身に寝汗をかきやすい?

2016-01-09c-2

女性は毎月生理があるため、その生理の前後に下半身に汗をかく人が多いようです。
寝汗が下半身に集中して起こるのは、やはり自律神経のバランスの変化によって起こるみたいです。
生理前後の女性の体はとてもデリケートな状態になっているので、
生理の起こる器官である卵巣や子宮がある下半身に汗をかくのは、

そこに熱が集中してしまうからなのかもしれません。
寝汗と下半身はこのように複雑なメカニズムで起こっているようです。
寝汗を下半身に集中してかいてしまう場合は、
生理前ならそろそろ準備に入ってきたのだと考えるといいと思います。

また、終わってからも下半身に寝汗をかく場合には、
子宮がまだ落ち着いていないのだと考えてあげるといいと思います。
寝汗と下半身の症状が心配になるようなら、1度専門医に相談してみるといいかもしれません。
どうしたら良いかアドバイスをしてくれると思います。
寝汗と下半身は本人にはとても不思議なことですし、恥ずかしいと思う人も中にはいます。

汗をかくということは体の水分が奪われていますので
水分補給を忘れないようにしてください。

コップ一杯の水や、脱水症状時に効果的な経口補水液がオススメ。
妊娠していても心配なく飲める飲料です。

つわりがひどく、食事が満足にできない場合も
こちらの経口補水液で、少し栄養補給もできるので
辛いとき、何も口にしないのではなく少量でいいので飲んでみてくださいね。

しかしながら、女性の体は独自のメカニズムを持っているわけなので、
上手に付き合って乗り越えていく必要があります。
また、更年期に入ると寝汗を下半身にかくという人もいます。
それも女性独自の体のメカニズムなのでうまく付き合っていく必要があると思います。