睡眠は、心と体を休めるためのとても大切な時間です。
朝に目が覚めた時、どうしても「あとちょっと寝たい・・・」と思ってしまうなど、
すっきりと目覚めるのは難しいことです。

しかし、ただ眠いだけでなく、布団が自分の寝汗でびしょびしょになっていると、
不快というだけでなく、何か体に異常がないかと心配してしまいます。

寝汗はなぜかくの?

2015-12-08b-2

寝汗というのは、運動などをしてかく汗と違って、
寝ているだけなのにかいている汗のことです。

もちろん誰でも寝ている間に少しは寝汗をかいていて、
健康的な成人の寝汗は一晩にだいたいコップ一杯だと言われています。
これは基本的に体温調節するために体が行うものなので、
寝汗自体は特に悪いものではありません。

しかし、この寝汗の量が普段より異常に多い場合は、
健康や精神状態に何かしら問題があるのかもしれません。

例えば、寝汗が多く、朝起きた時にパジャマやシーツまで濡れてしまってるような状態が
続いていたら注意しなくてはいけません。
特に普段はあまり寝汗をかかないという人が、ある日突然寝汗を
異常にかくようになってしまったの場合は、何かひそかに病気が進行している恐れも考えられます。

さらに、頭痛や倦怠感などといった他の症状もある場合は要注意です。
たとえ病気でないとしても、寝汗は精神的なものや自律神経などに大きく影響されるため、
スレスや疲れが最大限に蓄積されていることを体が教えてくれているのかもしれません。

また、布団が大量の寝汗で濡れた状態で朝を迎えてしまうと
冷房の効いた部屋や冬の寒いときは、体が冷えてしまい体調を崩すこともあります。
自分自身では健康で大丈夫だと思っていても、大量の寝汗が続くことで、
体や精神の異常に気づくことができるかもしれません。

状態が悪化してしまう前に早く気づいて治したいものです。

子供や赤ちゃんの寝汗とは?

大人の寝汗の場合、健康な寝汗かどうか判断する必要がありますが、
赤ちゃんや子供の寝汗となると全く話は違います。
特に赤ちゃんは、大人より体温が高いため寝汗をかきやすく、
またその汗の量もとても多いのですが、それはごく自然なことなのです。

しかしながら、健康な証だとはいっても、赤ちゃんの場合、
気を付けなくてはいけないのが寝汗をかいた後なのです。

まず、赤ちゃんの寝汗の量はとても多いため、濡れっぱなしで
そのままにしておくと体が冷えてしまい、風邪を引いたり、あせもの原因になってしまうのです。
そうは言っても、寝ている時に服を着替えさせたり、寝具を交換すると、
起こしてしまう恐れもあるので難しいところです。

こういった汗取り寝具もあります。

布団のシーツ代わりに敷き、数枚持っていれば毎日取り替えられて
清潔なお布団で安心して寝かせてあげられますね。

手軽な対策としては
スポーツタオルを二つに折ったものを下に敷いて寝かせて
(特に後頭部や背中に汗をかきます)、タオルがびっしょりと濡れていたら
寝返りをしたタイミングで交換してあげましょう。

小学生くらいまでの子供も、体温を調節する機能の発達によっては個人差があるのですが、
まだまだ寝汗が多く、特に男の子は親が驚くするほど多くの寝汗をかきます。
子供の寝汗対策としては、眠りについてから少したった入眠時が1番汗をかきますので、
スースーと寝息が聞こえてきたら布団の下側をめくり、溜まった余分な熱を逃がしてあげましょう。

30分ぐらいして、体温が落ち着いたら布団を元に戻すか、
寒くなければお腹だけに布団をかけてあげて足は出しておくことで、
寝汗の量を少なくしてあげることができます。

また、赤ちゃんや子供はとても暑がりなので、大人よりも薄いパジャマでも大丈夫です。
寝冷えしないようにとか、寒くないようにと思って着せすぎてしまっているせいで、
寝汗が体温を調整してしまっているという恐れがあるかもしれません。

ただし、寝汗と一緒に微熱が出ている時は、風邪の可能性はもちろんながら、
子供が何かストレスに悩まされている場合もあります。
他の症状や大量の寝汗が続いていて心配だという場合は、
早めに病院へ行って、医師に相談することをおススメします。