「トマトが実れば、医者が青くなる」
これは古代ギリシャ時代ローマの言葉です。

このように昔から、野菜の効能は大変評価されているのです。
ハウス栽培なんてない時代ですから、もちろん露地栽培。
つまり、旬の野菜の効能のことです。

夏になると暑さで体が火照る・熱がこもる・疲れがたまり食欲が無くなる。
そんな時は夏野菜を食べることで私達の体を健康な状態に保ってくれます。
そんな効能が夏野菜にはあるのです。

トマトの効能とは?

例えば、トマトの場合、体内の塩分を取り除き、疲労回復を促してくれます。
さらに血圧を下げてイライラを解消して食欲を増進させる効果があります。
あなたの回りにトマトが大好物な人はいませんか?
その人が夏バテになっているのを見たことありますか?

ぶらり野菜は体を冷やす効果アリ?

夏野菜の代表格として、キュウリ・トマト・ナス・ピーマン。ぶらんぶらんとぶら下がって実るので、
通称ぶらり野菜と言われていますこれらの野菜は、夏の暑さで火照った体を冷やしてくれます。
(農家の人達が日差しの強い暑い夏の空の下、野外で作業しても夏バテしにくいのは、
これらの野菜を毎日一杯食べているからです)
特にカリウムを多く含むキュウリは、利尿作用が絶大です。
体内にこもっている熱を尿と共に体外へ排出してくれます。

さらに、水分の摂りすぎで引き起こるむくみも解消してくれます。
キュウリを食べる時は、そのまま生で食べるのがおススメです。
みそや塩を少しつけて食べてみてください。
夏野菜の中には、疲労回復効果抜群の野菜もたくさんあります。

たとえば、ニガウリ・オクラ・ツルムラサキ・モロヘイヤなどです。
これらの野菜の特徴として、苦味とネバネバ。食欲を苦みが刺激し、
トロトロとした食感は暑くて食欲のわかない時でも、スルっと喉を通ってくれます。

しかも、このネバネバ(ムチンという山芋などにも含まれる成分)は、
腸内環境を整え、疲労を回復させます。
さらにお肌にも良く、アンチエイジング効果を発揮します。

代表的な夏野菜と効果・効能とは?

2016-01-26c-2

キュウリ
利尿作用があるカリウムが体内の塩分を排出してくれますので、体のむくみをとってくれます。
ぬか漬けにすると、ぬかのビタミンB1をしっかり摂る事ができる。

ナス
紫色の皮はアントシアニンという色素であり、血液をサラサラにする成分
抗酸化ポリフェノールが多く含まれている。
油や味噌ととても相性が良いので、揚げもの、炒め物として調理することがおススメ。

トマト
トマトの赤色はリコピンという成分であり、発ガンや動脈硬化の予防に役立ちます。
また、ビタミンCが豊富です。

ピーマン
ベータカロテン・ビタミンCが豊富であり、食物繊維や葉緑素も多く含まれています。
一般的な赤ピーマンは緑ピーマンが塾したもので、甘くなるのと同時に、
ピーマン独特の香りが消えるので食べやすくなります。

カボチャ
日本カボチャは水分を多く含む野菜です。
現在は甘い西洋カボチャが一般的です。
糖質、食物繊維が豊富で、ベータカロテン、ビタミンC・Eもたっぷりと含まれています。

ニガウリ
ビタミンCがなんときゅうりの約10倍。
ベータカロテン、ビタミンB1、ミネラルが豊富。
夏バテ予防、食欲増進に効果抜群。果肉に含まれるモモルデシチンという苦味成分が血糖値の上昇を抑制してくれます。

オクラ
ネバネバは夏の疲労回復・スタミナアップに効果絶大。
ビタミンB1・B2・C・E、鉄分などを含む非常に栄養価の高い野菜です。

ミョウガ
血液の流れに発汗を良くする上、熱冷ましや解毒作用もあるので、夏バテ予防に効果有り。
香味野菜特有の香りは、夏の暑さでボーっとしている頭をシャキっとさせてくれます。
旬な夏野菜を積極的に食べて、暑い夏に負けないよう元気に楽しく過ごしてください!