夏風邪にかかってしまい、のどが痛んで咳や痰がでる場合は、
何か他の病気の可能性があるかもしれません。

夏風邪はその名前の通り、夏にひく風邪のことです。
発熱や腹痛、下痢、激しい咳などの症状があり、
他の風邪と同じように対処してよいものか困る人も多いようです。

夏風邪にかかってしまっても戸惑うことのないよう正しい知識を身につけておきましょう。

夏風邪の特徴

2016-01-22b

ウイルス

夏風邪は、冬の風邪とは感染するウイルスの種類が違います。
風邪の80~90%はウイルスの感染が原因で起こるのですが、
そのウイルスの数は200種類以上あると言われています。

多くのウイルスは寒くて乾燥した環境を好むので、
冬に風邪やインフルエンザが大流行します。

しかし、中には暑くて湿度が高い夏の環境を好むウイルスもいるのです。
代表的なものがエンテロウイルス(コクサッキーウイルス、エコーウイルスなど)や
アデノウイルスで、胃腸に症状を伴うことが多い夏風邪の原因となっています。
一方、のど、鼻の症状や発熱を伴うことの多い冬の風邪は、
RSウイルス、コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどが原因で起こります。

春や秋にはライノウイルスが原因で起こるケースが多くなります。

主な症状

「夏風邪はお腹にくる」とよく言いますが、その多くはエンテロウイルスに感染した場合です。
エンテロウイルスの「エンテロ」とは「腸」という意味で、
のどだけでなく腸でも繁殖してしまうのです。
そのため、発熱やのどの痛みに加えて、下痢や腹痛など腸の症状がでるのが特徴です。

一方、アデノウイルスの「アデノ」とは「のど」という意味です。
アデノウイルスも呼吸器と腸で繁殖するのですが、発熱とのどの痛み、激しい咳が出るのが特徴です。
咽頭結膜炎や咽頭炎を起こす場合もあります。
アデノウイルスは乳幼児の場合、百日咳(百日咳菌で起こる病気で、激しい咳発作が起こる)
と間違えてしまうぐらい、咳がひどいことも多くあります。

ひきやすい状況

風邪は健康な人でもかかりますが、体の免疫力が低下しているときにとくに感染しやすくなります。
夏の暑さやクーラーの冷やし過ぎによって、疲れや食欲減退、
寝不足の状態になると免疫力も低下し、いつもより夏かぜにかかりやすくなるので要注意です。

夏風邪の予防方法

うがいと手洗いを習慣に


うがいと手洗いは、風邪予防の基本です。
外から帰ったら、すぐに水やうがい薬を使用してうがいをするようにしましょう。

冷えに注意

家の中では冷え過ぎたり、冷たい風が直接当たらないように気を付けましょう。
職場や外出先でクーラーが利いているときは、長袖のカーディガン、
ひざかけ、
靴下などを上手に活用して体を冷やし過ぎないようにしましょう。

人混みを避ける

人混みはウイルスが蔓延しやすい環境です。夏風邪が流行っている時期は、
できるだけ出かけないようにして、人混みは避けるようにしましょう。

軽い運動を心がける

軽い運動は夏かぜの予防だけでなく、健康のためにも毎日の習慣にしましょう。
寝る前にストレッチやマッサージで全身をほぐすのも、血行の促進やストレス解消におススメです。

夏風邪にかかってしまったときの注意点

夏風邪で手足口病になる?
手足口病は、夏風邪の原因である
エンテロウイルスによって起こる皮膚病のことです。
しかし、エンテロウイルスにはたくさんの種類があり、
厳密に言えば夏風邪の原因となるものとは種類が異なります。

手足口病は、発熱とともに口内炎や手のひら、足の裏、おしりなどに
小さな水ぶくれができるのが特徴で、子供によく起きます。
通常は数日で治りますが、このような症状が出たときは病院へ行って診察を受けるようにしましょう。

軽い風邪と重い風邪の症状の違いは?

2016-01-22c

風邪が長引いて、高熱や喉が痛くなって色のついた痰(たん)が出たら要注意です。
一般的に夏風邪は1週間くらいで鼻やのどなどの症状も治まって回復します。
ですが、それ以上長引いたときは風邪をこじらせたり、
二次感染で他の病気を引き起こしていたりする場合があります。

特に強い全身での症状や38℃以上の高熱が続いたり、
黄色っぽい膿性の痰が出るときは肺炎など二次感染の危険信号と考え、
早めに病院へ行って診察を受けるようにしましょう。

免疫力の弱い乳幼児やお年寄り、糖尿病などの病気のある人は、
家族やまわりの人が体調の変化に気を付けてあげましょう。