目の疲れには、どんな自覚症状が現れるのでしょうか。
解消するために、蒸しタオルは効果的なのでしょうか。

目の疲れの原因は?

2016-01-16b-2

目の疲れを感じるのは、何らかのきっかけがありそのきっかけはいろいろあるのです。
目を酷使することで、目が疲れると多くの人が思っていると思います。
これも理由の1つなのですが、この他にも目の疲れの原因があるのです。

例えば、ストレスによるものです。
目の疲れの症状が起こる理由として、ストレスがあげられます。
ストレスを感じることで自律神経のバランスが狂ってしまいそれによって血流を悪くしたり、
涙の分泌量を減らすなどの支障をきたしてしまうからです。

このような状態になると、目を酷使してるわけでもないのに目の疲れの症状があらわれるのです。

また、遠視や乱視の人には特有の理由があります。
遠視や乱視の矯正をきちんとしていない場合や使用しているメガネやコンタクトレンズが
合っていない場合、ピントを合わせようと目は勝手に働いてしまい、
目の疲れの症状があらわれることもあるようです。

これら以外の理由としては、食生活の乱れや運動不足もあげられます。
食生活が乱れ、栄養が偏ってしまうと疲労を回復する能力が落ち、
運動不足だと血行が悪くなってしまいます。

これらによって、目の疲れが起こることもあるし、動脈硬化や高血圧、
糖尿病などの病気が原因で目の疲れが起こることもあります。

また、症状として目がかすむこともあると思いますが、その理由は疲れ目と同じです。
目を酷使することで、目のピントを合わせる調節機能が落ち目がかすんでしまうことがあります。
この調節機能は、年を重ねるに連れて落ち込む場合もあります。

目のかすみもただの目の疲れではなく、緑内障や白内障、糖尿病性網膜症や
加齢黄斑変性などの病気になる恐れがあるので、注意しましょう。

目の疲れによる症状

一般的な目の疲れの自覚症状として、以下のようなものがあります。

  • 目がしょぼしょぼする
  • 目が乾く
  • 目の奥に痛む
  • 焦点がぼやける
  • しみる
  • 充血している

これらは目だけにあらわれる自覚症状なのですが、目の疲れは目以外の全身にもあらわれるのです。
全身にあらわれる症状というのは、以下のようなものです。

  • 頭痛
  • 肩こりや首こり
  • 腕が上げにくい
  • 眠れない
  • 眠りが浅く、朝がつらい
  • 気力がなくだるい

このような症状もあるので、精神や肉体的な症状も目の疲れに大きく関係しているのです。
また、目も疲れによって、いつも体がだるかったり、微熱があるなどの症状もあるのです。
ただ、これらの症状は目の疲れだけではなく、何か他の病気が原因となっている場合もあるので
判断することが難しい状態といえるのです。

このように症状が重症化すると大変なことになってしまうので、目の疲れは軽く考えず、
体全身の症状も目の疲れが原因であることを頭にいれておき
自覚症状があらわれたら早め治すことを心がけましょう。

目の疲れの解消方法

2016-01-16c-2

目の疲れは、温めることで解消されることががあります。
その温め方として効果的な方法は、蒸しタオルを使った方法です。
蒸しタオルを使った目の疲れの解消法というのは、科学的にも根拠があると言われています。
蒸しタオルの作り方も温パックの方法も簡単なので、ぜひ1度試してみましょう。

まず、タオルを水で濡らして絞り、それを電子レンジで温めます。
500~600Wの場合は、だいたい30秒ぐらい温めると、蒸しタオルが完成します。
電子レンジやタオルの濡れ具合によって温まり方が変わってくるので
取り出したときにとても熱い場合があるので注意してください。

熱い場合は少し冷まして、40℃ぐらいになるようにしましょう。
この蒸しタオルで目を覆うことによって目は温パックされている状態になるので
血行が良くなって目の疲れが解消されるのです。

タオルの熱はすぐに冷めてしまうので、何度か繰り返して行うことをおススメします。
実際の研究でも、40℃ぐらいの蒸しタオルを3分間するより蒸しタオルを5枚用意して、
続けて10分間パックする方が、目の疲れが解消されたと感じる人が多い
という結果が出ているのです。

何度か続ける場合は、取り出した時に、もう1枚をセットしておくと良いでしょう。
この方法はとても簡単なので、多くの人が実践していて、私自身も効果を実感しています。
また、暗くした部屋や静かな音楽を聴きながら蒸しタオルをすることで、
リラクゼーション効果もあるので、さらに効果を感じる人が多いようです。

また、蒸しタオルを用意するのが面倒だという場合は
このようなアイマスクがドラッグストアなどに置いてありますよ。

これがあれば、タオルも電子レンジも必要ありません。
もちろん、使ったタオルを洗濯するという面倒な手間もありません。

蒸気で目元を温めてくれるので蒸しタオルと同じ原理です。
お笑いのケンドーコバヤシが10秒で寝れる!と言っていたくらい
リラックス効果も高いので寝る前の使用がオススメですね。