口唇(こうしん)ヘルペスとは、唇や口のまわりに小さな水ぶくれができる病気のことです。
別名「風邪の華」や「熱の華」などといわれてます。

口唇ヘルペスの原因

2016-01-03b

単純ヘルペスというヘルペスウィルスの中にあるウィルスです。
この単純ヘルペスは、日本人で年配の方ならほとんどがこのウィルスに感染しているそうです。

しかし、感染していても単純ヘルペスを持ってることに気がつかない人も多くいます。
年が若くなるにつれて感染者はだんだんと少なくなっていますが、
30歳前後の約半数は感染してるそうです。
口唇ヘルペスは、2つのパターンがあり、初めて感染して発病するケースと
再発によって発病するケースがあります。

そして、直接患部を触ったり、唾液によっても感染してしまいます。
まだ小さい子供の頃は、初めての場合は親から感染したりしますが、感染したとしても症状で治ります。

しかし、成人してから感染してしまうと、重症化しやすい傾向にあります。
再発する場合は、年に2回くらいで、口唇ヘルペスのほとんどは、この再発によるものと思われます。
人間の体には、ウィルスに1度感染すると免疫ができますが、
普段は神経細胞のなかに隠れており免疫力がおよばないのですが、
風邪を引いて熱が出たり、強いストレスを感じると免疫力が弱ってしまい、
ウィルスの活動が活発になるのです。

このことから「風邪の華」や「熱の華」といわれているのです。

口唇ヘルペスの症状

口唇ヘルペスに初めて感染した場合は、口唇や口のまわりに広く
約5ミリ強くらいの水ぶくれがたくさんできて発熱し、
あごの下のリンパ節も腫れますが、その時の体調によって症状も人それぞれです。

また、再発の場合は、範囲は一部分に限られ、初めての場合に比べると症状は軽いです。
口唇ヘルペスは、普通約2週間くらいで段階を経て治っていきます。
最初は、先に水ぶくれが出来てビリビリ、チクチクと皮膚がいつもと違う異常を感じます。
今までに何回も再発している人はすぐにわかると思います。

皮膚のかゆみやほてりなどの違和感を感じて半日以内で赤く腫れてきて、
この時期にウィルスがどんどん増殖しているのです。
初期段階のこの頃に早めに治療をすることをおススメします。
この次に、赤く腫れたところに水ぶくれができます。
水ぶくれは初めて感染した場合では大きく、何回も再発を繰り返す内に小さくなっていきます。
水ぶくれが裂けてしまい、ジュクジュクした患部に粘膜や傷ついた皮膚が触れてしまうと感染します。

もし、誤って触ってしまった場合は、すぐによく手を洗ってください。
女性の中で口紅が合わなくてできる水ぶくれは、唇全体に出来ますが、
口唇ヘルペスは、一箇所にできるのが普通といわれています。
(初めての感染した場合を除く)

そして、その後かさぶたが出来て治るまで約2週間くらいかかります。
傷の痕ほとんど残らないですが、体力が弱っている場合は残ることもあります。

口唇ヘルペスの治療法と薬

2016-01-03c

口唇ヘルペスに感染するとかゆいのはもちろんのことですが、
女性の場合見た目も気になってしまうものです。
だいたい2週間くらいで治るとわかっていても、薬で1日でも早く治したいことと思います。
ヘルペスウィルスはとても感染力が強く、早く治さないと他のところにも感染する恐れがあるので、
皮膚科に行って専門医に診察してもらうことをおススメします。
皮膚科へ行くと 治療法としては抗ウィルス薬の投与や二次感染予防のために抗生物質を処方される場合があります。

しかし、忙しくて病院に行く時間の無い方には、
テレビCMでなじみ深いアクチビア軟膏という市販薬があります。

このアクチビア軟膏は、アイクロビルという医療用成分が含まれてて、
ウィルスの増殖を抑えてくれる働きがあるのです。

また、初めて口唇ヘルペスに感染してしまった方には薬局などで買える
漢方薬「銀翹散」も効果があるみたいです。
予防法としては、まず何よりもストレスを抱えて体力や抵抗力を低下させないようにして、
バランスの良い食事と十分な睡眠をとって休息することが1番です。

口唇ヘルペスは、感染力がとても強く、たとえ家族であってもタオルなどを一緒に使わないようにして、
洗濯したらなるべく日光に当てて消毒しましょう。
また、口が直接触れるコップも要注意です。食器類は、洗剤でしっかりと洗いましょう。

最後になりますが、口唇ヘルペスになってしまった場合は、
患部を清潔な状態にして水ぶくれは絶対に破らないことが大事です。

破ってしまうと痕が残ったり、治りにくくなってしまうので気を付けましょう。