子供の喘息は、食べ物が原因で起こることがあるそうです。
そんな時、喘息に効く食材とはいったいどんなものなのでしょうか。

喘息とは?

SONY DSC

喘息とは、空気の通り道である気管支が急に収縮し、
呼吸するのが困難な発作を繰り返す病気のことを言います。
この発作のことを喘息発作といいます。

小児喘息においても気管支に急な収縮が起こり、喘息発作を繰り返します。
しかしながら、乳幼児は大人とは違って言葉で症状を伝えることができないため、
泣いたり、ぐずったりと不機嫌になることで喘息発作を訴えることがあります。
軽い咳(せき)だと思っていても、喘息が隠れていることがあるので気をつけましょう。

小児喘息の場合、乳児から幼児、学童期まで成長発達のさまざまな段階にあることから
診察や治療を行う上で大人とは違う方法で対処しなくてはいけません。

また、小児喘息の発症は約70%が3歳までで、約90%が5歳までを占めるとされています。

喘息の代表的な症状の「ゼーゼー、ヒューヒュー」という喘鳴(ぜいめい)は、
喘息以外の病気でも起こる場合がありますが、医師は喘鳴がみられれば、まずはじめに喘息の可能性を疑います。
日本の小児喘息のガイドラインでは、2回以上の喘鳴があれば喘息と診断します。

ですが、「ゼーゼー、ヒューヒュー」という症状は夜中や明け方、
また運動した後にみられることが多く、医師の診察中に必ず聞けるとは限らないのです。
子供と最もない時間接している母親が、いつもの症状をなるべくはっきりと医師に伝えることが大事なのです。
いつ、どこで、どんなとき、どのぐらいの喘鳴があったかなど
しっかりとメモしておくと正確な情報が伝わりやすいでしょう。

また、小児喘息はアレルギーの影響によるものも大きく、食べ物が原因になることもあるので
食事の内容をきちんと伝えることも大切です。

喘息の子供に効く食材

喘息の子供には、いったいどんなものを食べさせたらよいのか、
お母さんとしてはとても気になるところだと思います。
いろいろな研究があり、薦められている食べ物があるのですか、
「これを食べさせれば無条件に喘息がよくなる」というものはありません。

しかしながら、おススメできる食材はいくつかあります。
乳製品(ヨーグルトなど)

乳製品の中に含まれる乳酸菌は、腸内細菌のバランスを整えてくれます。
2歳以下のまだ腸が未熟な時期に腸内細菌のバランスが乱れてしまうと、
アレルギーが悪化することがわかっています。

腸内細菌が乱れてしまうと、アレルゲンがきちんと処理されないまま体内に吸収されやすくなるのです。
乳酸菌やビフィズス菌、オリゴ糖を含む食品を摂取すると、
腸内細菌を整えることができるので、ヨーグルトなどがおススメです。

腸内細菌が未熟な小さい頃から少しずつ始めるのがいいでしょう。

全粒穀物

近年発表されたオランダの研究者による調査では、全粒穀物と魚を多く食べる傾向の子供には
喘鳴や喘息が少ないという結果が出ているようです。
全粒穀物には、老化を防ぐ働きを持つ抗酸化物質が豊富に含まれており、
それが様々な病気に良い影響を与えるのではないかと言われはじめています。
全粒穀物にもいろいろあるのですが、オランダで主流なのはずっしりとした黒パンです。

日本ではなかなか同じような食生活は難しいのですが、試してみる価値はあると思います。


魚もオランダの調査によって効果があると言われています。
これまでの調査結果では、魚だけだとあまり効果が得られない、
もしくは新鮮な魚はいいが缶詰や加工された魚はダメなどと魚なら何でもいいというわけではないようです。
ただ言えることは、魚に含まれている油、イコサペンタエン酸(EPA)、
ドコサヘキサエン酸(DHA)は喘息に良い影響を与えるようです。

オランダの魚と言えば、ニシンが代表的で、EPAやDHAも豊富に含まれています。
食べ方としては生で食べたり、酢漬けで食べたりするようです。
ニシン以外にEPAやDHAを豊富に含む魚はマグロ・サバ・ハマチやそのほか青魚などなので、
これらでも同じ効果が得られると思います。

野菜や果物
果物の中でも、特に柑橘類や野菜類も抗酸化物質を多く含んでいます。
ただ残念なことに、「野菜や果物をたくさん食べたから喘息がよくなった」
という調査結果は今までには出ていません。

ただ、食物繊維は腸内の環境を整えるのでおススメです。
そういう意味では野菜も果物も大事な食べ物なのですが、
ただそれだけで喘息がよくなるということにはならないのです。
やはり、バランスが大切だと思います。

紹介した食べ物で症状が改善されるというわけではないのですが、
もしこれを見て「毎日の食事、少し栄養が偏っているかも」
と、思った方は毎日の子供の食生活を見直してみてください。