季節の変わり目で倦怠感(だるさ)を感じるのは、いったいどうしてなのでしょうか。
その原因は、自律神経にあるのでしょうか。

季節の変わり目の夏の猛暑から一転して、秋になり気温がだんだんと下がってくると
体調を崩してしまう人が多くなります。
これはたんに風邪ということもあるのですが、
実際のところ夏の間に自律神経のバランスが乱れてしまっている恐れがあるのです。

自律神経のバランスの乱れはいろいろな体の不調につながるので、
少しでも思い当たることのある人は、本格的な秋を迎える前にきちんと立て直すようにしましょう。

自律神経のバランスの乱れからくる症状

2016-01-30b-2

  • 疲れやすく、疲れがとれない
  • めまいやたちくらみが1日1回ある
  • 夜眠れない
  • 動悸や息切れが起こりやすい
  • 熱はないのに、頭痛が続く
  • 肩こりがひどい
  • 夏バテしやすい(倦怠感や食欲不振)
  • 便秘や下痢が続く

これらの症状の原因は、夏の「食事」の可能性があるのです。
夏は暑さのせいで食欲がなくなって、アイスやかき氷、素麺や冷やし中華など
どうしても冷たいものばかり食べてしまいがちです。

このような食事を続けていると、栄養不足や偏りは
もちろん胃腸の冷え(内臓型冷え性)を引き起こし、結果的に自律神経のバランスを乱してしまうのです。

また、暑い屋外と冷房のきいた電車や室内を行ったり来たりするのを繰り返すことも原因の1つなのです。
これは、体温を調整するために何度も自律神経が働くうちにバランスが乱れてしまうのです。

自律神経はデリケート

自律神経は自分の意思でコントロールできるものではなく、
まわりの環境変化に応じて無意識のうちに働いてくれている神経です。

例えば、胃腸の消化や体温を調整するための発汗、
栄養を運んでいる血液なども、全て自律神経の働きよるものなのです。
ただし、自分の意思で調整できなくても、環境変化には素早く対応してくれるとてもデリケートな神経です。
ですから、気温変化やストレス、睡眠不足などの影響をすぐに受けてしまうのです。

季節の変わり目で倦怠感を感じないためポイント

・食事の見直し
やはり1日3食の食事が大切なのです。
特に朝ごはんを食べることでブドウ糖とアミノ酸の信号が肝臓の時計遺伝子へ伝わり、
体内時計がリセットされるのです。

そして、食べた物が吸収され、血液となって全身へ栄養が運ばれるので
気持ちよく1日をスタートすることができるのです。

また、食べることによって気持ちが落ち着くので、副交感神経が上がることも大事なポイントなのです。

調子が良くないなと感じたときは
ブドウ糖を摂取すると良いですよ♪

このように飴タイプもありますので持ち歩いていれば
いつでも摂取できて心強いですね。

・寝る前の時間の使い方
夜寝る前に入浴や読書などをして気持ちを落ち着かせることも重要なのですが、
案外できていないのが寝る3時間前に食事を済ませることです。
仕事で夜遅くに帰り、ごはんを食べてそのままソファで寝てしまうなんていう人も多いと思います。
食べ始めるときは交感神経が優位に働いているのですが
食べ物が腸で消化され始めると副交感神経が優位に働いてくるのです。

ここまでが約3時間なので、これを待たずに交感神経が高いまま寝てしまうと
自律神経のバランスが乱れて、ブドウ糖の吸収が終わらないまま寝ることになるので
太る原因にもなってしまうのです。

まずは以上の2つのポイントを見直すことで自律神経のバランスが整いだすので、
できることから少しずつ始めるようにしましょう。
また、暑い夏に食欲がなくなったのに体重が減らなかったという人も、
自律神経のバランスが乱れて基礎代謝が落ちてしまい痩せにくい体質になっている可能性があります。

このような人は、基礎代謝を上げるためにきちんと必要な栄養を取るように心がけましょう

だるく疲れやすい症状から病気になる前に改善

2016-01-30c-2

体がだるいや疲れやすいなどで思い当たることがない場合、
体内の鉄分の欠乏による「鉄欠乏症貧血」を疑う必要があるのです。
体内の鉄分が不足すると赤血球のおもな成分であるヘモグロビンが減ってしまいます。

ヘモグロビンには 血液に酸素を運ぶ働きがあり、量が減ってしまうと全身の細胞が酸素不足になり、
その結果体がだるかったり、疲れやすかったり、息切れや動悸、
寒さに弱いなどの体の不調を訴える原因になってしまうのです。
鉄欠乏症貧血であるかどうかを調べるには血液検査ですぐに判明するので、内科へ行って検査してもらいましょう。

鉄欠乏症貧血の予防と対策としては、いつもの食事を見直すことが重要となってきます。
鉄分の多い食材はもちろん、ビタミンCも一緒に取ることが大切なのです。

鉄分を多く含む食材
レバー、うなぎ、あさり、しじみ、ひじき、ゴマ、トマト、ほうれん草、小松菜、にんじん

ビタミンCを多く含む食材
グァバ、パセリ、赤ピーマン、レモン、ブロッコリー、カブの葉、キャベツ

鉄分は、ビタミンCを含む食材と一緒に食べると吸収がよくなるので、
工夫して毎日の食事のメニューを考えてみるようにしましょう。
胃・十二指腸潰瘍や子宮筋腫、胃・大腸がん、痔の出血により鉄分欠乏による貧血が起こることもあります。

そして、鉄欠乏症貧血が原因で糖尿病や肝臓、心臓、腎臓、血液・内分泌などの
病気を引き起こす場合もあるのです。

最後になりますが、季節の変わり目の倦怠感(だるさ)は
自律神経のバランスの乱れによるものもしくは鉄欠乏症貧血によるものかもしれないので、
食事や生活を見直して夏の疲れを秋に持ち越さないようにしましょう。