体がだるいや重いといった症状の原因とは、いったいどんなことなのでしょうか。
解消するためには、どうすればいいのでしょうか。

体のだるさや重さの原因とは?

2016-01-10b

ここ最近、体がだるいや重いと感じる人の割合が多くなってきています。
まずは、その原因について紹介していきます。

病気の前兆としての疲れ
何か内科的な病気が隠れているが、体に症状が現れる前に不定愁訴
(何となく体調が悪いという自覚症状を訴えるが、
検査をしても原因となる病気が見つからない状態)として出てくるものです。

時間が経つと、それぞれの病気特有の症状が現れてくるので、診断できるようになります。
しかしながら、疲れが原因で内科へ行く人は、以下の精神的な疲れと肉体的な疲れであることが多いです。

精神的な疲れ
精神的な疲れの中には、神経症やうつ病などの精神科的な病気の状態も原因としてあるのです。
ですが、内科での診察では精神的なストレスや過労、睡眠不足、
心配事などが重なったことが理由で、軽いうつ症として感じる疲れや
自律神経障害(失調症)の症状の一つとして疲れを感じることがあるのです。

自律神経障害(失調症)という言葉はあいまいに聞こえるのですが、
自律神経は実際に存在する神経です。
自律神経は、興奮状態に関係した交感神経と
その作用を抑える働きをする副交感神経から成り立っています。

自律神経は、自分の意志でコントロールすることができないのですが、
心臓の働きや血圧を調節したり、腸管運動を支配、唾液や涙の分泌の調節、
瞳孔の調節など体の見えないところでとても重要な調整を行っている神経なのです。

自律神経は、脳の視床下部というところに司令室があり、
精神的なストレスが視床下部に作用することで自律神経の司令室を混乱させてしまい
自律神経障害(失調症)と呼ばれるさまざまな症状を引き起こすのです。

自律神経障害(失調症)は、自律神経(興奮神経である交感神経)に関係していて、
動悸や発汗、ほてり、血圧上昇、不安感、口が渇くなどの症状に限られるのですが
不定愁訴に対して自律神経障害(失調症)と呼ばれることがよくあるのです。

肉体的な疲れ
運動をした後の疲れは気持ち良く感じられるのですが、立ち仕事や残業の続く長時間労働、
パソコン業務の後などにくる肉体的な疲れは、倦怠感として不快に感じることが多いです。
肉体的な疲れは、筋肉のこり(緊張)によるもので、スポーツの種類によっては
特定の筋肉を良く使うためあとで筋肉の張りや緊張を感じます。

しかしながら、運動の後の筋肉のこりは部分的な筋肉のこりで解消しやすく、
運動は脳に作用してβ-エンドルフィンという爽快に感じる物質の合成を刺激するため、
心地よく感じられるのです。
運動した後の疲れが心地よいのに対して、仕事した後の疲れは不快に感じられると思います。
特に朝起きるときに、何ともいえないだるさを感じることもあると思います。

これらの違いとして、まず仕事に関係した疲れは、精神的な疲れも感じ、
さらに仕事では同じ姿勢で長い間いることが多く運動に比べて全身の筋肉を使う機会が少ないので、
特定の筋肉にこりがおきやすいの原因だと思います。

体のだるさや重さを解消するためには

2016-01-10c

体の疲れやだるさは、精神的なものと肉体的なものが混ざり合うことによって
心地よいものと不快なものに分かれること上で紹介しました。

実際のところ、病院に行くぐらい疲れやすい人の多くは
精神的な疲れの割合が強い人が多いのも事実なのです。
精神的な疲れは、社会・環境的ストレスや心理的ストレスから感じることが多いので、解決するのは難しいのです。
神経症やうつ病からくる病的な疲れは専門医による治療が必要なのですが
内科へ行く場合は自分自身で克服できる軽いものだといえるのです。

しかしながら、このようなときに抗不安薬や抗うつ薬、自律神経調整薬、
睡眠薬などの薬を飲むとびっくりするぐらい楽になるのです。
これらの薬は、疲れのたまった体への潤滑油と思って、上手に活用しながら
ストレス社会を乗り切ることも大事だと思います。
したがって、精神的な疲れを解消するためには薬が効果的なのです。

では、肉体的な疲れを解消にはどうしたらよいでしょうか。
それには、夜に寝る前のストレッチがおススメです。
1日の肉体的な疲れは、全身の筋肉のこり(緊張)として溜まります。
そのまま寝たのでは、筋肉のこりをそのまま残すことになってしまいます。
寝ている間は体をあまり動かさないので、筋肉のこりが和らぐよりも
むしろ逆により強くなり朝起きるときに何ともいえないだるさを感じることになるのです。
ですから、寝る前にストレッチをして体のこりをほぐしておくと起きたときに驚くほど体が楽に感じると思います。

ここ最近は栄養ドリンクがたくさん販売されているのですが、
その多くにカフェインが含まれていて、効果は一時的なものなのです。

ノンカフェインのものもありますが、
その場しのぎとして効果はあるのですが、
肉体的な疲れを先送りにしているようなものなので
あとでそのつけが溜まって大きくなって回ってくる恐れがあります。

ですから、栄養ドリンクの飲みすぎには気をつけましょう。