年齢を重ねるにつれて顔にしわができるのは、ごく自然なことです。
顔のしわの原因とはいったいどのようなものなのでしょうか。

しわの原因

2016-01-27b

顔のしわは、老化現象の1つで肌が縮んだり薄くなっている状態です。
そして、真皮の弾力繊維(エラスチン)とコラーゲンが退化や変形したりして、しわができてしまうのです。

エラスチンは、お肌が弛んだとき、元に戻す働きをします。
コラーゲンは、肌の張りを維持するために大事な働きをしています。

これらには、肌の水分を維持する働きもあります。
年を重ねることでこれらが壊されたり減ったりするため、肌のハリと弾力がなくなってしまうのです。
また、しわは老化現象だけでなく、重力の影響、顔の表情、
紫外線の影響などさまざまな原因があり、発生する場所によっても異なります。

顔のしわの原因

紫外線は、エラスチンとコラーゲンを壊してしまいます。
紫外線による肌の影響は、自然な老化現象よりも大きいのです。
肌は乾燥するとしわができやすいですが、細胞組織内に水分が十分に含まれている時は
ハリと弾力のある健康な状態を維持します。

そのほか、ストレスや睡眠不足、栄養の不足や偏りなどの場合も、
肌は潤いとハリがなくなり、しわができやすくなります。

また、耳の前と耳の近くの顎の部位にできてしまう長いしわの原因は、寝る時の枕によるものなのです。

しわの種類

重力によるしわ
年齢とともに重力によって、まぶたと下まぶたが垂れたしわや首のしわ
水分がないときのしわ肌の水分が減ってしまいできるしわ

真性しわ
肌の弾力繊維とコラーゲンが壊されたり性質が変わってできる危険なしわ

横しわ
主に目元や額、首などにできるしわ

一時的なしわ
部分的な皮下脂肪が減ってできてしまう一時的なしわ

縦しわ
眉間の小じわや老化によって口元にできる縦型のしわ

表情しわ
顔の筋肉が一定の方向へ向かって動いてできるしわ

肌の老化としわの関係性

人間として生まれてきたからには、老化は絶対に避けられません。
これは、肌も同じです。

老化してしわができることは、決して避けられません。
20歳ぐらいから肌の老化の症状が徐々に表れてきます。
目もと、口もとに小じわができ始め、皮膚が乾燥して、目の下にくまができたり、シミもできるようになってきます。
肌の老化現象を止めることはできませんが、遅くすることはできます。

それは、肌の老化を引き起こす原因をあらかじめ防いでおくことです。
肌の老化信号として、角質が厚くなり生きている細胞層が薄くなってきます。
細かい小ジワができるようになり、顔の肉が下に垂れてきて、
肌のハリがなくなって毛穴も大きく見えるようになります。

年齢別の肌の老化チェック方法

  • 20代・・・目尻の肌にハリがなくなって細かいしわが目立ち、鼻の周りの毛穴が大きくなる
  • 30代・・・目尻と目の下のしわがはっきりと見えるようになり、目尻の下にたるみ始める
  • 40代・・全体的に顔が下にたるみ、頬に赤くて細かい血管が見え始めて、茶色の斑点ができる

肌の老化を引き起こす原因

2016-01-27c

年齢
年を重ねることで老化するのは当たり前のことで、絶対に避けることはできません。

紫外線
紫外線は、肌の老化の最大の原因です。
年齢より恐ろしいもので、紫外線を徹底的に浴びないようにすることが老化を防ぐための最も良い方法です。

日差しの強い時期は日傘を。

1等級レベルでないと紫外線予防の効果は期待できないようです。

日焼け止めは年中塗ることをオススメします。
でも、真夏のビーチで塗るような日焼け止めは避けて!

紫外線吸収剤などが含まれていない、お肌に優しいものを使用しましょう。

ホルモン
エストロゲン、プロゲステロンなどのホルモン分泌が更年期以降低下するため、
肌がくすんだり、乾燥したりします。
特に女性の閉経期には、体の中のホルモンの分泌量が変わり
肌のハリと弾力を保つための水分が減って、より多くしわができてしまいます。

水分
普通、肌のしわは、水分が不足することでできてしまいます。
よって、しわ専用の化粧品もほとんどが肌の乾燥を防ぐ保湿機能を重視しています。
そのため、習慣的に水をたくさん飲んで体の循環機能を助けることは肌をキレイにする対策の1つです。
洗顔をして最後洗い流すとき、冷水にすることで毛穴を引き締める効果があります。
化粧水を塗る時も2、3回塗って、肌の奥深くまで浸透するようにしましょう。
肌の老化が始まってしまうと、表皮が薄くなり水分の含有能力が低下するので、
ハリと弾力のある肌のためにスキンケアがとても大切です。

また、熱いお風呂に長時間入ると、お肌の老化を促してしまうこともあるので、
熱いお風呂はなるべく避けるようにしましょう。