年を取るにつれてだんだんと気になってくるしわ。
仕方ないことかもしれないのですが、なるべく防ぎたいものです。
いったいなぜしわはできるのでしょうか。

顔のシワはなぜできるのか?

2015-12-30b-2

人間の皮膚は、上から表皮・真皮・皮下組織の3層で成り立っています。
皮下組織は、脂肪の層になるので、美容の観点から表皮と真皮の状態がとても重要なのです。
しわは、表皮の機能低下が原因でできる小じわと真皮の機能低下が原因となる
深いしわの2つに分けることができます。

また、目の周りや口元など顔の表情を動かすところにできる表情じわなどがあります。
表皮の機能低下による小じわの最も大きな原因は、水分不足による乾燥です。
肌は、加齢や空気の乾燥、紫外線などによって、
角質層の水分を保つ機能が低下すると、乾燥してしまいます。
肌が乾燥すると、細胞が縮んで皮溝と皮丘の幅が広くなり、
皮紋が不規則な網目状となることで皮溝が深くなって
一定方向に線が走ってしまい、しわとなるのです。

真皮の機能低下による深いしわは、紫外線や加齢などによって、
真皮にあるコラーゲンやエラスチンの量が減ったり、構造が壊されてしまったり、
これらを生成する繊維芽細胞の機能が衰えたりすることによって、
ハリと弾力がなくなってしわになるのです。

このように深いしわの場合、スキンケアでの改善はとても難しいのです。
表情じわは、無意識に眉間に力を入れてしまっていたり、
寝る時にいつも同じ方を下にして寝たり、姿勢が悪かったりすることでできてしまうものです。

顔のしわは予防できるの?

Portrait of a young beautiful woman

しわは、肌を保湿することによって予防できます。
ですが、保湿のみで予防できるシワは、表皮の小じわのみです。
小じわは、角質層の水分を保つ働きを正常にしてあげることで改善することができます。

化粧水で水分を補い、美容液などで保湿し、最後に乳液やクリームで
それらの成分が逃げないように蓋をするという基本的なスキンケアがとても大切です。

皮膚の奥深くの真皮のしわについては、保湿するだけでは改善できないです。
深いしわは、真皮でハリと弾力を保っている線維芽細胞のコラーゲンやエラスチン、
ヒアルロン酸などが減ってしまっっていたり、弾力線維や表情筋などが衰えることが原因なのです。

奥深い真皮のしわを予防するためには、皮膚の弾力による張力を保つことが大事です。
皮膚の張力は、老化や生活習慣、食生活、ストレス、
紫外線や皮膚トラブルなどさまざまなことが影響して衰えてしまうのです

真皮のシワを予防するには、コラーゲンやエラスチン、
ヒアルロン酸などを生産する繊維芽細胞を活性化させてあげることが重要です。
バランスのよい食事や規則正しい生活習慣など心身そのものを健康にする必要があります。
化粧品でも、ビタミンC誘導体やアミノ酸、植物エキス、
ペプチドなど繊維芽細胞を活性化させてあげるような成分が配合されているものを使うとよいでしょう。

また、血行を良くして新陳代謝を高めることでも、繊維芽細胞を活性化できるので、
リンパマッサージや表情筋のエクササイズも効果があります。

顔のしわの予防するポイント

年を重ねるにつれて筋力は衰え、肌もたるみ、ハリがなくなってシワができてしまいます。
筋力が衰えると、目尻や口角、頬などあらゆる部分が垂れ下がってしまいます。

ですから、しわができる前に筋肉を鍛えてあげて垂れ下がるのを防ぐことが大切です。
もうすでにできてしまったしわは、浅いものであれば
化粧品などで改善することができるのですが、深いものだと
美容整形でしか改善することできないので、早めのケアがポイントになります。

顔の表情を作る筋肉の表情筋は、およそ30種類もあり、
名前の通り顔の表情を作っているのですが、皮膚を支えるという役目もしています。
使われている表情筋は、全体の約30%ぐらいと言われており、
仕事でパソコンに向かうことの多い人の場合、表情筋はほぼ使っていないということになります。

表情筋のエクササイズの方法は、たくさんあるみたいですが、
最も大事なのは継続することで、自分が続けられるような方法を選びましょう。
その中で1番簡単な方法は「あ・い・う・え・お」と言って大きく口を動かすエクササイズです。

あいうえお体操の効果を上げてくれそうなマスクもあります。

表情筋エクササイズの効率もあがりますね。

声は出さなくていいので、ゆっくりと大きく1つ1つの口の形を
意識しながら行うことが大切で、習慣的に行うようにすると良いでしょう。
表情筋のエクササイズは、しわを予防以外にも血行を促進することによって
小顔になる効果も期待できるのでおススメです。