メイクでも隠しきれない鼻のポツポツ…
無理に角栓を取るのも良くないし、かといって念入りに洗顔すればすぐに綺麗になるわけではない厄介者。

まず、どうしていちご鼻になってしまうのか?

それを治す方法とはいったいどのような方法があるのでしょうか?
また、開いてしまった毛穴を引き締める方法についても考えてみました。

いちご鼻とは?

2015-12-08b

いちご鼻とは、毛穴の黒ずみによってまるでいちごみたいになっている姿からそう呼ばれています。
この黒ずみの正体は、毛穴に角栓と呼ばれるアカやゴミがつまった状態なのです。
実際に他人を少し不快な気分にさせることもあるので、最低限きちんとすべきなのです。

原因は角栓なので、いつも顔を清潔な状態に保ち、毛穴を引き締めるなどで改善することができるのです。
脂っこい物が好きな人はなりやすいので気をつけましょう。

毛穴に汚れのつまった鼻がまるでいちごみたいだから、いちご鼻、となかなか的確な表現なのですが、
「いちご」というかわいらしい名前とは裏腹に見た目はかなりグロテスクなものです。

毛穴につまっているゴミやアカが原因ということも、嫌なポイントの1つです。
いちご鼻は気持ち悪いだけではなく、汚らしい印象も与えるので
「いちご鼻を見られたくないから治したい」と思うのは誰でも同じことだと思います。

いちご鼻を治す方法

いちご鼻の原因は、上で書いたとおり見たそのまんまなのですが、毛穴につまった汚れです。
ですから、治す方法もシンプルで 毛穴の汚れを取り除いて引き締める、これだけでキレイになるのです。
しかしながら、中には絶対にやってはいけない方法で 毛穴をキレイにしようとする人たちもいるのです。
よくある方法としては、スクラブ入りの洗顔料でゴシゴシと鼻を洗うだとか、
最もワイルドで無謀な方法としては、爪楊枝の先で毛穴をほじくるといったものです。

スクラブでの洗顔はまだ理性的なのですが、爪楊枝の方は・・・わかると思います。
ただこれだけは言っておきたいのですが、細いもので毛穴をほじくるなんてことをすると
逆に毛穴が広がってしまい、通称「クレーター」というものができてしまいます。
あとで広がった毛穴を見て後悔するのは自分自身なので、絶対にやめましょう。

いちご鼻改善にはこちらの記事もご参考に♪


いちご鼻を治す方法として、2つ紹介していきます。
まずこの2つに共通していることは、毛穴をキレイにした後に「毛穴を引き締める」ということです。
面倒臭いし、一気にキレイになるわけではないのですが、
毎日少しずつキレイになっていくことがやっていくうちに感じられると思います。

いちご鼻を治す方法・・・オリーブオイル

  • ぬるま湯で顔を洗う(顔の油が軽く落ちるぐらい)
  • オリーブオイルをスプーン一杯分ほど用意する
  • 鼻をオリーブオイルで2~3分ぐらい洗う(洗いすぎに注意)
  • お湯か適当な洗顔料でオリーブオイルをきちんと洗い落とす
  • 冷たい水でちゃんと毛穴を引き締める

いちご鼻を治す方法・・・毛穴パック

  • 普通に洗顔料で顔を洗う(洗顔料はスクラブなどが入っていないもの)
  • 毛穴パックを使う
  • 毛穴を引き締めるため、冷たい水でパシャパシャとする

ですが、毛穴パックシートって剥がすときに痛みを感じますよね。

粘着質で角栓を取るのではなく、
角栓を浮かし取り痛みも感じないタイプのものもありますので色々なものを試してみてくださいね。

これら2つの方法ではどちらかというと、オリーブオイルの方がおススメです。
まず毛穴パックと違って経済的なことと 毛穴パックは逆に毛穴が広がるという意見もあることがその理由です。
ですから、自分自身に合った治し方で、ぜひいちご鼻を解消してみてください。

オリーブオイルがいい人には 「サルバーニョ エクストラバージン オリーブオイル 500ml」がおススメです。
料理にも使えるという料理用のオリーブオイルで、 クレンジングには普通の食用のものでも大丈夫です。
また、毛穴パックでどれにしようか迷っている人には 無難なビオレの毛穴すっきりパックをおススメします。
最後になりますが、どちらの方法でも やり終わった後にはきちんと毛穴を引き締めることを忘れないようにしてください。