紫外線を浴びて日に焼けてしまい肌がすぐに赤くなる敏感肌の人は多いです。
日焼け止めはほとんど使わないとか、予防としてなるべく紫外線を浴びないという人も結構いると思います。

日焼け止めを塗った時のあの肌のべたつき感がどうしても耐えられないという人でも、
紫外線から肌を守るための方法は、いくつかあります。たとえば、食生活。
食べ物に含まれる特定の栄養素を取ることで日焼けを抑え、肌を守ることができるのです。

栄養と日焼けの関連性

Dieting. Balanced diet based on raw organic vegetables

日焼けとは炎症の一種なのです。
さらに食生活は体内の炎症に多くの影響を与えます。
日焼け対策として、炎症を抑えるための食生活を送らなければいけないのです。

しかしながら、理想的な食生活を送ったからといって、紫外線に強い肌になるわけではありません。
ある一定時間以上太陽の下で過ごすと、どんな人でも肌は焼けます。
長時間紫外線を浴びる場合、服で肌を隠したり、日焼け止めを塗ったりなどの対策をする必要があります。
野菜を食べることが日焼け止めの代わりにはなりませんが、
食生活による日焼け対策はプールに入っても流れて落ちるものではありません。

紫外線から肌を守ってくれる栄養素とは?

まず挙げられるのが、良質の飽和脂肪、オメガ3脂肪酸、リコピン、βカロチン、ビタミンEなどの酸化防止剤です。
また、紫外線から肌を守るためには食べてはいけないものもたくさんあります。

たとえば、加工食品、砂糖、ベジタブルオイルなどの食べ物です。
これらのものを一切食べてはいけないというわけではないのですが、量を減らしたいところです。
極端に減らすわけではなく、適量を食べることが大切です。

1回もアイスクリームを食べない夏なんて、考えられないと思いますから。
では、結局何を食べればよいのでしょうか。

日焼けの効く食べ物とは?

野菜と果物中心の食生活であれば、どんな種類の野菜と果物であろうと大丈夫です。
しかし、紫外線対策として特に効果的な栄養素を多く含むものを紹介します。

トマト

その他赤い果物調理されたトマトには、リコピンが多く含まれています。
リコピンとは赤い果物に含まれるカロテノイド色素の成分で、
植物はこの色素で紫外線から身を守るということが知られています。

ですから、色鮮やかな果物や野菜を食べることで紫外線に対する耐性を高めることができます。
トマトのリコピンは加熱することで増えることが知られていて、
トマトペーストをスプーン数杯食べるだけでも
紫外線対策として効果的であることが研究で明らかにされています。

すべての赤い果物にこの色素が含まれていますが、
スイカやグレープフルーツには特に多くに含まれています。
甘いものが苦手で、辛いものの方が好きという人は、チリパウダーもおススメです。
チリパウダーにはビタミンEも含まれているため、まさに一石二鳥です。

さつまいも

リコピンと同じく果物や野菜に含まれるオレンジ色素の成分であるベータカロチンも日焼け対策に効果があります。
さつまいもは、ベータカロチンを豊富に含んでいる野菜です。
紫色のサツマイモはおいしいだけでなく、シアニジンやペオニジンなど
紫外線対策の化粧クリームにも使用されているぐらい、酸化防止効果のある色素成分が多く含まれています。

ベータカロチンは、そのほかにんじんやバターナットスクアッシュ(カボチャの仲間)や緑の野菜にも多く含まれています。

ブロッコリー

その他葉菜類緑の野菜には、日焼け防止の効果があり、日焼けして痛んだ肌を修復してくれる嬉しい作用もあります。
ベータカロチンに加え、緑の野菜の多くには葉酸やビタミンA、C、Eを含まれています。
特にブロッコリースプラウトには皮膚がんを防いでくれる効果があるとされているスルフォラファンが多く含まれています。
緑の野菜をたくさん食べるためのコツとしては、普段食べているものに混ぜ込んでしまうことです。

ホウレンソウをパスタソースやスムージーに少し加えたり、
レタスの代わりにスプラウトを使ったりなどちょっとした工夫で簡単に摂取量は増やすことができます。