日焼けしたあとの水ぶくれはいったいどう対処すればいいのでしょうか。

日焼けをすると肌がすぐに黒くなる人と赤くなる人がいます。
日焼けには、メラニン色素が大きく関係しています。
メラニン色素は肌だけでなく、髪の毛の色にも関係しているのですが、
一度紫外線を浴びると肌を守ろうとしてメラニン色素が大量に生産されます。

日焼けで肌色が変わるしくみ

2016-02-05b-2

メラニン色素の反応が早い人は、すぐに肌が黒くなる人です。
赤くなる人は、メラニン色素の反応が少し遅いのでできるまで間、
炎症を起こしている状態になっているのです。

いずれにしても、肌の内部に与えるダメージは同じぐらいと言われています。
紫外線によって肌の水分を奪われて乾燥したり、コラーゲンが壊されてシワやシミになるのは、
赤くなる人も黒くなる人も同じなのです。

また、日焼けしたとしてもちゃんとアフターケアをして、
それ以降紫外線対策をして日焼けするようなことがなければ、
肌のターンオーバーによって、自然と元の肌の色に戻ります。

ただし、肌のターンオーバーの周期が正常でない場合は、
シミになってしまったりするので日焼けをいたらきちんと保湿をして、肌のターンオーバーを促進してあげましょう

日本人の場合は、赤くなってから黒くなると言う人がが多く、
肌が白ければ白いほど、赤くなっている時間も長くなりやすいみたいです。
人それぞれですが、できるだけ日焼けはしない方が良いです。

肌が赤くなってもならなくても、紫外線を浴びると
メラノサイトがメラニン色素を作り出して肌を守ろうとするのは同じです。
日焼けのメカニズムとしては、いずれもメラノサイトの反応が早いか遅いかということで、
赤くなるかどかが決まるだけなのです。

日焼けした後の水ぶくれの対処方法

日焼けもひどくなると、水ぶくれができてしまいます。
日焼けもやけどの一種なので、日焼けした後に1番大切なことは、とにかく冷やすことです。
水ぶくれは、2回火傷したのと同じで、肌の奥深く真皮まで焼けてしまっている状態なのです。

水ぶくれができるぐらいの日焼けの場合、自分で判断して治そうとせずに
冷やした後は早めに皮膚科へ行くようにしましょう。
水ぶくれができたらよく針で穴をあけて、中の汁を出してしまうという人がいるのですが、
穴のところから細菌が入り込んで感染してしまう恐れがあるのでやめましょう。

また、穴をあけてしまうと皮膚が裂けてめくれやすくなるので、
そこから感染するのはもちろん、水ぶくれの痕が残ってしまうことがあります。
冷やすときは、なるべく流水で冷やすようにしましょう。

なぜかというと、常に清潔な水で冷やせることと水温がぬるくならないからです。
あまり水圧をあげてしまうと、水ぶくれが破れるので注意しましょう。

また、心臓近くを冷やし過ぎたり、体温が下がってしまうほど冷やさないよう気をつけましょう。
少しの水圧でも破れてしまいそうな場合は、冷たいタオルなどで冷やすと良いでしょう。
もし水ぶくれが破れてしまい汁が出てきたとしても、無理に皮を剥がさないようにしましょう。

水ぶくれは、自然と汁が皮膚に吸収されてなくなると綺麗に治ると言われているので、
新しい皮膚ができるまでそのままにしておきましょう。
ですから、下手に触ったり、適当にクリームや薬を塗らないほうがいいと思います。
薬を塗る場合は、皮膚科で処方されたものを塗るようにしましょう。

日焼けした後の対処は、基本的にとにかく冷やす

日焼けはなるべくしない方が良いとは分かっていても、ついつい夢中になって遊んでいたりして
日焼け止め塗り直すのを忘れてしまうことがあると思います。
日焼け止めは一度塗れば良いわけではなく、持続性があるものでも何回か塗りなおさないといけません。

もしうっかり日焼けしてしまった場合は、アフターケアをきちんとすることが大事です

日焼けした肌は、熱をもっているのでまず冷やします。
さらに、日焼けした肌は乾燥しています。
この乾燥がかゆみの原因になる場合があるので、保湿も忘れないようにしましょう。
日焼け用の化粧水なども市販されているので、それらを利用すれば簡単にケアすることができます。

あまりにかゆみがひどい場合は、皮膚科へ行くようにしましょう。

また、日焼けをすると目が充血したりするので、目も紫外線を浴びないようにしないといけません。
この場合、紫外線カット機能があるサングラスがおススメです。

ただし、顔とサングラスの間の隙間が広いと紫外線が入りこんできてしまうので気をつけましょう。
黒いレンズよりも薄めの色の方が良いと言われています。

そして、日焼けでつい忘れがちなのが頭皮です。
体と顔にはちゃんと日焼け止め塗っっていても、
帽子をかぶっていないと頭皮が日焼けしてしまいます。
このように、目と頭皮の日焼け予防もとても大切です。

最後になりますが、肌が日焼けしてしまった場合は、水ぶくれはそのままにしておき、
とにかくできるだけ早く冷やして、きちんと保湿をするようにしましょう。
保湿は日焼け用のものがなければ、低刺激タイプの化粧水などで良いです。