白内障ってお年寄り発症する病気だと思っていませんか?
今、ストレスを抱える若者の発症率上がっているそうです。

そもそも白内障とはどんな症状なのでしょうか?
予防法や治療法はあるのでしょうか?

白内障の疑問を解決します。

白内障は若くても油断できない!

2015-12-22b

白内障の多くは老人性白内障で、発症率を見てみると
40代で10~20%、50代で50%、60代で60%、90代では90%と年齢が上がるにつれて増えていきます。
これまで白内障は40代以降に起こる病気といわれていたのですが
最近では若年化が進んでいて、20代や30代 まれに10代の人にも見らるようになっているのです。

この老人性でない白内障を若年性白内障(併発性白内障)といいます。
老人性白内障の水晶体の濁りはまわりから始まることが多く、
はじめは自覚症状がほとんどなく、 ゆっくりと進行していくのが特徴です。

しかしながら、若年性の場合は目の濁るスピードが速く
気がついてから短期間で一気に進行していく場合が多いのです。

若年性白内障の原因

目のけがや網膜剥離、硝子体手術、緑内障手術などの目の手術、
ブドウ膜炎など目の病気、糖尿病やアトピー性皮膚炎などの全身病、
栄養失調などで白内障が併発することがあるのですが、原因を特定するのは難しいのです。

この他にも遺伝や放射線・赤外線照射、副腎皮質ホルモン
ステロイド剤・抗精神病薬などの副作用などによっても進行しやすいのです。
そして、若い頃に目を打撲してしまい「打撲白内障」が忘れた頃に現れることもあるのです。

また、アトピー性皮膚炎があって白内障を生じる人では、網膜剥離を生じる割合が普通よりも高いのです。
まぶたや目のかゆみのために、目をこすったりたたいたりするので併発しやすいとか、
生まれつき目に炎症が起こりやすいので合併症を起こしやすいと言われているのです。

水晶体はもともと弾力性がありやわらかく、透明性を保っています。
この特徴を作り出しているのが、クリスタリンというタンパク質と
ヒアルロン酸というアミノ酸との結合体なのです。

年を重ねるにつれて、新陳代謝がきちんと行われなくなることと
水晶体を作っているタンパク質が酸化によって透明の水晶体が濁ってしまうのです。
この濁りを引き起こす最も大きな原因が活性酸素だと言われています。

活性酸素とは体内でエネルギーを作り出す時に発生する毒性の強い酸素のことです。
過剰に活性酸素が発生すると体の組織に含まれる脂肪や
タンパク質と結合して過酸化脂質という物質に変化します。
この物質が細胞膜の構造を壊すことによって老化が進み いろいろな病気を引き起こしてしまうのです。

また、白内障が若い人にも拡がっているのは、紫外線の他、ストレス、過労、運動不足、
食生活(栄養バランス)の偏り、タバコなどさまざまな要因が混ざり合って
活性酸素が生じやすい状態を招いているのではないかと言われています。

食生活(栄養バランス)の偏り

現代人の食生活は、ここ数十年で大きく変化しました。
肉類や乳製品を中心とした欧米風の食生活が定着し、
その中でもとくに目立つのが若い人を中心とした野菜嫌いと脂肪の取り過ぎです。

野菜嫌いも脂肪の取り過ぎも、肥満や生活習慣病(成人病)の原因となるのですが
目にも関係があるのではないかと言われているのです。
緑黄色野菜にたくさん含まれるカロチノイドの一種、
「ルテイン」は白内障や疲れ目、視力の低下などを改善する働きがあるのですが、
野菜不足によって極端に不足してしまうと、皮質白内障を招いてしまうのです。

サプリでも摂取できるようです。

野菜からも十分に摂れず何も対策しないよりかは
サプリで少しでも摂取した方が進行や発症になんらかの
効果が現れるかもしれないですね。

白内障や目の疲れについてはこちらの記事もご参考に♪

悪い生活習慣

運動不足やタバコ、過労、ストレスなどの悪い生活習慣も
ルテインの吸収能力を下げてしまう要因になってしまうのです。
これらは肝臓の働きを低下させて、脂肪の消化吸収を助ける胆汁酸の分泌量を減らしてしまうのです。

ルテインなどのカロチノイドは脂糖性成分といって、脂肪と一緒になると体内にすぐ吸収される特徴があるのです。
ですから、肝臓の働きが低下して、脂肪の吸収効率が悪くなるとルテインの吸収率も同じく低下してしまうのです。

また、活性酸素の発生を促し、体内の酸化を促進する原因にもなるのです。
大量に発生した場合、目の中のルテインは目の酸化を防ぐために大量に消費されてしまうのです。

若年性白内障の予防

2015-12-22c

白内障を予防には、 体の酸化を防ぐため
過酸化脂質の生成を抑制する働きを持つ成分、
抗酸化力のある食品を取ることが大切です。

  • ビタミンC・・・緑色野菜、パセリ、ブロッコリー、芽キャベツ、いも、柑橘類など
  • ビタミンE・・・ごま油、コーン油、ラード、、鰹、玄米、大豆、鰻など
  • ビタミンB2・・・焼き海苔、レバー、干し椎茸、干しわかめ、納豆、鶏卵

古い油を使った調理の油脂など過酸化物質の含まれる食品は避けるようにしましょう。