グレープフルーツは気軽に食べやすい果物の一つですが
実は美容や健康に良い効果が沢山ある果物だと言う事はご存知でしょうか?

健康に良い食べ物となるとりんごやバナナが話題になる事が多いですが
柑橘系の果物は集中力を高める効果があると言うだけでなく
美肌にも良いのです…

今回はそんなグレープフルーツの意外な効果をまとめてみました。

グレープフルーツとはどんな果物か

2016-01-22b-2

グレープフルーツは、西インド諸島が原産地で、
文旦(ぶんたん)とオレンジの雑種が自然に交配してできたものです。

それが19世紀アメリカはフロリダに渡って、栽培されるようになりました。
現在では60%以上がアメリカで生産されており、
寒さにとても弱い品種なので、日本での栽培には向きません。
味としては、さっぱりとした甘みにちょうどよい酸味、ほどよい苦みが特徴です。

グレープフルーツは、そのまま半分に切って、スプーンですくって食べるのが、いちばん手軽で良いでしょう。
そのままでは酸味が強いと感じる方は、砂糖をかけたり、ブランデーを少したらして食べたり、
しぼってハチミツなどを加えてジュースとして飲んでもおいしく召し上がれます。

旬の時期としては、春先~初夏にかけてです。
とくに4~5月ころは輸入量も増え、味も1番おいしい時期を迎えるのでおススメです。

グレープフルーツの栄養・効果

美肌・風邪・がん予防
ビタミンCを多く含んでおり、その割合は、みかんと比べると少し多いです。
ビタミンCは、潤いを肌に与えて保湿し、疲労やイライラストレスからの回復や、
かぜ、がん予防に効果があります。

1/2個を食べることで1日の必要ビタミンC摂取量を上回ることができます。

糖尿病や高脂血症の予防
主な成分はしょ糖、果糖、ブドウ糖などの糖類で、他の柑橘類や果物と比べると
含有量が少ないためダイエット中の人や糖尿病、高脂血症の人のビタミン補給に適しています。
疲労回復効果爽快さを与える酸味は、主にクエン酸です。

クエン酸は、疲労物質である乳酸の代謝を促す作用があり、
体ををシャキッと元気にしてくれます。
また、唾液や胃液の分泌を高めてくれるので、食欲を増進させてくれます。

皮膚・粘膜の強化
果肉が赤い種類の色素成分は、カロチンの一種であるリコピンです。
カロチンは、体内にてビタミンAに変わり、目や皮膚の粘膜を強化するなどの働きがあります。

心臓の健康維持
アメリカでは、グレープフルーツやその果汁製品にハートのマークを付けて販売されています。
このハートマークは、心臓を守る食材であることを、
アメリカン・ハート・アソシエイション(心臓病関連の任意団体)に認定されている、
ということを表すものです。

グレープフルーツにはビタミンCだけではなく、カリウムも豊富に含まれています。
カリウムは心臓や筋肉の正常な収縮運動を助け、糖の代謝を促す働きをします。
この働きとビタミンCの血管を強化する働きの相乗効果により、心臓を健康な状態に保ちます。

便秘や老化防止
果皮や袋、皮の裏側の白くふわふわとした部分などには食物繊維の「ペクチン」が多く含まれています。
ペクチンには抗酸化作用や炎症を抑える作用があり、老化防止になります。

また、腸内環境を整える効果があり、便秘気味の人におすすめです。
ただし、ペクチンはグレープフルーツジュースにはあまり含まれていません。
悪玉コレステロールの撃退グレープフルーツのペクチンなどには、
血中コレステロール値を大幅に下げる効果があることが最近の研究でわかっています。

これは動脈硬化を予防し、心臓発作などを引き起こしにくくすることを意味します。

ストレス解消
特有の苦み成分は「ナリンジン」を含むためです。
少々苦いのですが、それが逆に爽快感のある味わいになっています。
さらに皮に含まれるリモネンなどとの相乗効果によって、ストレス解消に役立ちます。

また、ナリンジンには抗がん作用や健胃といった効果もあります。

薬との併用は要注意!

グレープフルーツ果汁をある種の薬と合わせて飲むと、
薬の作用を増強して思わぬ症状を引き起こすことがあります。
グレープフルーツ果汁との作用が確認されている薬品としては、
カルシウム拮抗(きっこう)剤やトリアゾラム、テルフェナジン、シクロスポリンなどです。

このなかでもよく知られているのが、降圧剤のカルシウム拮抗剤との相互作用で、
合わせて服用してしまうと、血圧を下げ過ぎて、めまいや頭痛、
起立性低血圧などの症状を引き起こす恐れがあります。

よく睡眠剤として用いられるトリアゾラムは、グレープフルーツとの併用により、
睡眠効果が増強したことが報告されています。
これらの影響は同時服用した場合だけと限らず、少なくとも
薬剤服用の10時間前から2時間後の間で持続することが確認されていますので、注意が必要です。

補足

グレープフルーツを使った民間療法として、寝つきの悪いときに
温めたグレープフルーツジュースが効果抜群です。

生のグレープフルーツを絞って温めるのが一番ですが、
100%ジュースなどをお鍋で少し温めると手軽に好きなときに飲めちゃいますね♪

ただし、ビタミンCは熱に弱いので、温め過ぎないよう注意しましょう。
また、たんのからみにどろどろに煮詰めて食べると、たんのからみをとる効果があるみたいです。