緊張や興奮した時の口の渇きは、みなさんが経験したことがあると思います。
ドライマウスと呼ばれていますが、この口の渇きというのは病気なのでしょうか?

口臭の元となるドライマウスの原因対処法を調べていきましょう。

ドライマウスとは?

2015-12-15b-2

水を飲むなどすればおさまる一時的な渇きとは違って、
いつも口の渇きを感じる状態が3ヵ月以上続くのがドライマウスです。

一般的なドライマウスの症状として「口の中が渇く」「よく水を飲みたくなる」、
「唾液がネバネバする」「口が渇いて話しにくい」
「ビスケットやせんべいなどが食べにくい」などの自覚しやすいものがあります。

さらに、「舌が痛い」「舌がザラザラする」「味が分からない」
「入れ歯が合わない」「食べ物が飲み込みにくい」「唇が乾いてひび割れる」といった、
自分ではドライマウスだと気が付きにくい症状もあるのです。

ドライマウスの日常生活から考えられる原因

やわらかい食べ物の多い食生活
食べ物をよく噛み、あごや舌の筋肉を動かすと唾液が出やすくなります。
しかし最近の食生活では、やわらかい食べ物が多くあまり噛むことが無くなり、
あごや舌の筋肉が衰えてしまって唾液の分泌量が少なくなってしまって口の中が乾きやすい状態なのです。

精神的な緊張やストレスの多い日常生活
気持ちがリラックスしているときは唾液が出やすく、
逆に精神的に緊張したときやストレスがあるときは唾液が出にくくなります。
緊張やストレスが解消されたり弱まったりすれば唾液の量も正常に戻りますが、
緊張やストレスの多い生活が長く続くと、口の渇きが慢性化してしまう恐れがあります。

お酒の飲みすぎ
お酒を飲むと、アルコールを尿や汗と一緒に排出しようとする
利尿作用が働き体は脱水状態になります。
そのため、お酒の飲みすぎが続くと体内の水分バランスが崩れてしまい、
唾液の分泌量が減ってドライマウスを引き起こすことがあります。

筋力の低下
年を重ねることで口の周りの筋肉が衰えてしまい、唾液が出にくくなって
ドライマウスを引き起こすことがあります。

また、全身の筋肉が衰えて姿勢が悪くなり猫背であごが前に出た状態になってしまうと、
自然と口で呼吸するようになり、いつも口を開けた状態になるので、
ドライマウスになりやすくなります。

薬の副作用
薬の副作用によってドライマウスが起きることがあります。
花粉症の治療に使われる抗ヒスタミン薬、痛みを抑える鎮痛薬、
気持ちの落ちこみや高ぶりを抑える抗うつ薬や向精神薬、
降圧薬や体内の水分を排出させる利尿薬など、原因となる薬はたくさんあります。

薬の説明書に書かれている「口渇」がこの副作用にあたります。
ドライマウスが年配の方に多くみられるのは、服用している薬の副作用が原因と考えられます。

ドライな症状にはこちらの記事をご参考に♪

ドライマウスの日常生活からできる予防法

お酒は適量にする
お酒が体内に入ると、アルコールの利尿作用によって
体内の水分が排出され、体は脱水状態になります。
体内が脱水状態になることで、唾液の分泌量も減ってしまうことがあります。
体の中が脱水状態にならないように、お酒を飲むときは
水も一緒に飲むように心がけ、健康のためにも飲みすぎは控えましょう。

ストレスを解消する
ストレスがあるときは唾液が出にくくなるため、
ストレスのある状態が長く続くと慢性的な口の渇きに悩まされることがあります。
日頃からストレスを溜めない生活をするようにしましょう。

また、ストレスに強くなるためには、運動が効果的です。
1日5分のストレッチからでもいいので、毎日の習慣にしていきましょう。

噛みごたえのある食品を食べる

やわらかくて噛みごたえのない食品ばかりを食べていると、
どうしても口の周りの筋肉が弱ってきてしまいます。

するめいかやみりん干し、ゆでた豚もも肉や焼いた牛もも肉、乾パンや餅、
油揚げ、たくあん、生のにんじんやセロリ、アーモンドなどのナッツ類、
かりんとうやせんべいなど噛みごたえのある食品を積極的に食べましょう。

唾液が減ると口が臭くなる?!

2015-12-15c-2

口が臭くなる主な原因は、口の中で増えた細菌が死滅するときに出す腐敗臭です。
虫歯や歯周病の人の口が臭いのは、虫歯や歯周病によってできた
歯の穴の中や炎症を起こしたところにたくさんの細菌が付着しているからなのです。

唾液は、口の中の食べかすを洗い流したり、殺菌作用によって細菌の増殖を抑えたりしますが、
唾液の分泌量が減ると、口の中の細菌が増え、口が臭くなることがあります。
ちゃんと歯を磨いていて、胃腸の調子が悪くないにもかかわらず、
口の臭いが気になるという人は、ドライマウスの可能性を疑った方がいいかもしれません。