美肌になるためにはトマトが良いみたいなのですが、
それはいったいなぜなのでしょうか。

トマトの栄養素とは?

トマトといえば、まずはじめに思い浮かぶのが「リコピン」ですが、
もちろん、ビタミンやミネラル、食物繊維もたっぷり含まれていて栄養満点の食材です。
特にビタミンAやビタミンC、カリウムが豊富に含まれています。

しかも、人参のようにトマトが嫌いな人が少ないこともトマトのすごいことの1つです。
美味しく食べることができ、手軽に栄養を摂取できるということです。

トマト100gあたりに含まれる栄養素は、以下のようになっています

  • ビタミンA・・・540μg/皮膚や粘膜を健康な状態に維持。抗酸化作用
  • ビタミンC・・・20mg/コラーゲンの合成に不可欠で血管を強くする。抗酸化作用
  • ビタミンE・・・15mg/強い抗酸化作用
  • ビタミンB6・・・0.08mg/脂質の代謝を助ける
  • カリウム・・210mg/血圧を下げる
  • カルシウム・・・7mg/骨を丈夫にする
  • 食物繊維・・・1.0mg/便秘を予防する
  • リコピン・・・8mg/強い抗酸化作用

トマトのリコピンを効果的にとる方法トマトの代表的な成分であるリコピンは、
体の中の余分な活性酸素を排除して、体を健康な状態に維持する手助けをしてくれます。
リコピンは特に活性酸素を除去する力が強く、トマトは他の野菜と比べてもトップレベルなのです。

β-カロテンの2倍以上の活性酸素を除去する力をもつリコピンは、
アンチエイジングに効果があるとしても注目されています。
そんなリコピンなのですが、摂取の仕方によってさらに吸収されやすくなるのです。

リコピンは油に溶けやすいという性質をもっているので、油と一緒に取ることで吸収力が高くなります。
ですから、トマトは生で食べるよりも調理して食べる方が効果的に栄養をとることができるのです。
それはもちろん料理だけではなく、市販のトマトジュースでも大丈夫です。

リコピンは熱に強いので、加熱しても成分が壊されることはないのです。
近年の研究でトマトの「9-oxo-ODA」という成分が脂肪を燃焼する効果があると発表されましたが、
この「9-oxo-ODA」においても、生で摂取するよりもトマトジュースなど
加工された食品で摂取したほうが効果があると報告されています。

トマトにはリコピン以外にたくさんのビタミン類が含まれていて、
一概に生で摂取するより加工された食品で摂取したほうがいいとはいえないのです。
しかしながら、トマトは調理することによって、リコピンなどトマトの栄養効果が高くなるので、
いろんな料理の中で楽しみながら摂取していくことが最も効果的だと思います。

トマトの美肌効果

2016-02-02c-2

トマトに含まれるリコピンやビタミン群には強力な抗酸化作用があるので、肌や髪を健康な状態に整えてくれます。
抗酸化作用とは、活性酸素を除去して体を守ってくれるということです。
体の中に取り入れた酸素の数パーセントは活性酸素になるといわれていて、分子構造的にとても不安定な状態なのです。

そこで、何とか安定させようとして他の細胞を攻撃したり成分を奪ってしまい、
老化現象が起きてしまうのです。
肌においては、しみやしわとなって現れてしまいます。
さらに、活性酸素はストレスや排気ガスなど現代社会の生活環境によって、生成されやすくなってしまいます。

トマトに含まれる栄養素は、活性酸素にたいして効果を発揮して、
肌や髪を美しく健康な状態に保つ手助けをしてくれるのです。
トマトに含まれる「リコピン」は、特にこの活性酸素に対して効果を発揮してくれる頼もしい味方の成分なのです。

トマトに豊富に含まれているビタミンAは、肌や粘膜を生成するのに必要不可欠なものなのです。
また、ビタミンCはメラニンの生成を抑制し、コラーゲンの生成を促進してくれます。
このように、肌を美しく健康的に維持してくれる働きがあるのです。
さらに、とても低カロリーなので、食べ過ぎても太ってしまうという心配がないのです。
トマトは、食べることで美容に大切な栄養素をきちんととることができる最強の食材なのです。