雨の日や、曇ってどんよりしている天気の日って頭が痛いということはありませんか?
特に偏頭痛の方は雨の日と晴れの日の変化を敏感に察知するのではないでしょうか?
そんな日ははいつもより偏頭痛の症状がひどいということもあると思います。

どうして雨の日は頭痛がするのか、雨と頭痛の関係について検証していきたいと思います。

偏頭痛とは

2016-02-16b-2

偏頭痛は男性よりも女性の方が多いと言われています。
動けないくらい痛みが強くなる時もあるというのは生理痛と共通していますよね。
頭痛を伴いながらの他の症状としては、吐き気がしたり、立ちくらみ、胃がムカムカするなど。

その症状のせいで、ちょっとしたことでイライラしてしまうなど、
日常生活にいろいろな弊害が出てきますよね。

偏頭痛が、どうして女性の方が多いのかというとホルモンが関係しているようです。
ホルモンバランスが乱れると頭痛を起こしてしまいます。

主にホルモンバランスが崩れる原因といえば不規則な生活をしていたり、
睡眠不足、無理なダイエットをした時、生理前後、更年期などが考えられます。
頭痛が起こる原因は人それぞれなので先程挙げた原因以外にもあるかと思います。

そして、雨の日。気圧や気温の変化によって頭痛が起こることもあります。

雨の日の頭痛

関節が痛くなったり古傷が痛むなどの雨の日に出る症状で一番多くの人が悩まされているのが頭痛と言われています。
低気圧によって自律神経が乱れてしまうことで頭痛が起きてしまいます。
気圧の変化が起きるのは雨の日だけではありません。
季節の変わり目なども気圧の変化が大きいです。

季節の変わり目は肌が荒れる、、、というのも聞いたことがありますよね。
この気圧の変化によって肌荒れも頭痛も引き起こしてしまう方にとっては
雨の日や季節の変わり目はとても辛い時期になると思います。

頭痛の対処法は?

頭痛の対処法として、まず取り組むべきなのは私生活の改善です。
規則正しい生活、睡眠不足にならない、適度な運動、お酒を飲み過ぎない、
体を冷やさない、無理なダイエットはしない、ストレスを溜め込まない。
これらのことは健康を心がける方法と変わらないですよね。

つまり、健康的になれば偏頭痛を防げるかもしれません。

コーヒーなどカフェインが入っている飲み物も鎮痛効果があるとされています。

朝、暖かいコーヒーを飲んで一息ついてから出かけるといいですよ。

頭痛を抑えるツボもあります。
つむじの手前辺りを押してみてください。
冷やすのも効果的です。
氷水を入れた袋をタオルでくるみ、首の後ろや痛い部分に当ててみると良いでしょう。

まとめ

2016-02-16c-2

どうでしたか?雨の日に頭痛に悩まされている方はたくさんいます。
頭が痛くなる原因は気圧の変化だけではなく私生活の乱れによる
ホルモンバランスの崩れからくるということもわかりました。

まずは私生活を見なおしてみませんか?